*

森君は物理学者なのだ!!

公開日: : 最終更新日:2015/12/11 ピアノ技術関連

79ed4378.jpg森君は物理学者なのだ!!
先日、社団法人ピアノ調律師協会の主催で森先生のレクチャーがあった。
森准教授はピアノ調律の資格を持つ物理学者なのだ。
彼のピアノに対する探究心は世界でも認められているようで、一年の半分はドイツのブラウンシュバイクに居る。
工学博士の彼は、国立音大や徳島大でも教鞭をとっている。
とても面白い研修会であった。
aa507a0d.jpgピアノの振動特性を加速度信号ピックアップで測定して、視覚による比較でアナライズしたりした。
調律師が違うと同じピアノの同じ音を調律しても音が違うのか?
デュプレックスをミュートしたらどのような変化が起こるのか?
響板の振動特性や固有振動の特徴のグラフ。
至近距離のピアノ弦が連成振動を起こす現象をひもで吊るした2本の五円玉で実験してみたり。
響板が持つ固有振動によって弦振動がどのような影響を受けるのか?
ピアノの音が2段減衰する理由とか・・・
ピアノの音の特徴はインハーモニシティーのみならず、多くの不思議な魅力を含んでいることがよぉっくわかりました。
本当に、とぉっても勉強になりました。ありがとうございました。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d3d8fa1e52

なぜ?ペトロフ? その12 チェコのピアノ作り 第2次大戦

なぜ?ペトロフ? その12 チェコのピアノ作り 第2次大戦 1935年、ブリュッセルで開かれた世界

記事を読む

blog_import_501d3d4649358

なぜ?ペトロフ? その4 鉄骨と総アグラフ

ペトロフの鉄骨は芸術品です。 鉄骨の余分な金属を減らすことは音の立ち上がりの反応が早くなると考えま

記事を読む

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

blog_import_501d3d7f7683d

なぜ?ペトロフ? その10 チェコのピアノ作り 輸出

なぜ?ペトロフ? その10 チェコのピアノ作り 輸出 高品質のペトロフブランドは年々、国内外での需

記事を読む

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

PAGE TOP ↑