*

オンド・マルトノとピアノのコンサート

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 サロン・ド・パッサージュ

blog_import_501d3e6ab0ce4当社のサロンでオンド・マルトノとピアノのコンサートがあった。
「オンド・マルトノ」のオンドとはフランス語で電波の意。制作者のモーリス・マルトノ氏の名前をとって名付けられたそうだ。モーリスと言えばラヴェルを思い出すが、ラヴェル氏はこの楽器をご存じだったとか。実現はしなかったようだが、この楽器の作曲を希望されていたとか。会場ではラヴェルも演奏された。100名以上のが参加をありがとうございました。神秘的で幻想的なオンドマルトノの音を堪能しました。終了後に楽器のまわりは人集りになりましたよ。この不思議な形のものは3つともスピーカーと呼ばれ、それぞれの得意の効果音を出してます。

おすすめ記事

関連記事

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 10年ひと昔と言うから、むかーしむかしと

記事を読む

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

070918_0941

赤レンガのベヒシュタイン工場 その21

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

070822_1807

赤レンガのベヒシュタイン工場 その12

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

ベルリン

ベルリン ピアノが語ってくれたもの-その32

ピアノが語ってくれたもの-その32 西洋は子音の大安売り? A. 例えば、ドイツ語でSchrei

記事を読む

PAGE TOP ↑