*

2016年3月5日 Maximus Yoshimura Plays SCHUBERT

公開日: : 最終更新日:2017/06/07 イベントリポート, コンサート, パッサージュイベント

Maximus Yoshimura Plays Franz Schubert “Ungarische Melodie D.817″

Maximus Yoshimura Plays Mozart “Adagio in h-Moll”

IMG_0247

2016年3月5日 開演18:30 ¥3000-
会場 サロン・ド・パッサージュ

 イベント参加まで 
又は 電話 03-5225-1353(11:00~19:00月曜定休 祝日の場合は翌日)までご連絡ください。

Maximus Yoshimura マックス・芳村(Piano) プロフィール

東京に生まれる。桐朋学園こどものための音楽教室を経て、ウィーンに13歳で渡り、ウィーンとグラーツの音楽院で学ぶ。14歳でこの二つの都市でデビュー。この時に「さすらい人」を含むオール・シューベルト・プログラムを披露した。
15歳からは伝説的なピアノ教師カルロ・ヴィドゥッソの最後の弟子としてミラノのヴェルディ音楽院に学んだ。15歳の時、イタリアでイタリア放送交響楽団とチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲1番」デビュー。16歳で国際フォーラムで大賞受賞。その後、ジュネス・ミュージックなどで賞を受賞し、18歳でアルフレッド・コルトー生誕100年記念の国際コンクールにおいて審査員全員一致で優勝する。20歳でベートーヴェンの全ピアノ協奏曲を2晩で演奏する試みをイタリア、スペイン、旧ユーゴスラビア、アルゼンチン、ポルトガルで行う。21歳でわずか7週間のあいだにシューベルトの全ソナタ、主要なピアノ作品を様々な国で演奏し好評を博す。
作曲をルチアーノ・シャイリー氏に、室内楽をイタリア四重奏団の創立者パウロ・ポルチアーニ氏に師事。
これまでにシューベルト記念音楽賞、ゲレーロ財団賞、ソフィアメダル テレサ・カレーニョ賞など、数々の名誉ある賞を得ている。

おすすめ記事

関連記事

グロトリアン

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

プレイエル

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

PAGE TOP ↑