*

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -3

ベヒシュタイン その音色の美しさ
 ベルリン ベヒシュタインセンター・ヨーロッパピアノは何故正規取扱店(正規代理店)で選ぶ必要があるのか?
 このように同一モデルでさえ個体差があるわけですから、モデルが違ったりメーカーが違えばかなり大きな違いが生じているわけです。ヨーロッパピアノを活かすには、この違いを人間でいう個性として認識でき、個体ごとに適切なメンテナンスを施す技術力が必要になります。これは一元的な技術力ではなく、膨大な数のピアノと向き合い磨かれた確かな目、個体が最も豊かに響く絶妙なポイントを探る勘、違いを愉しめる遊び心を備えた技術者ということになります。正規代理店はメーカーと輸入元からその技術を認定され、お客様の生涯にわたるピアノ演奏をより輝かしく充実した時間とすることを保証しております。ヨーロッパピアノを購入することは人生を愉しむための通過点に過ぎません。その後のアフターケアがその楽器をより成長させ、その過程で楽器は本当の意味でオーナーのものとなっていくのです。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

steinway

スタインウェイシステムのなぞ。なぜスタインウェイ?

ホーム    ハンブルグ・スタインウェイというピアノ。 多くの演奏家が使用し、9割以上の

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 スタンウェイ編

スタインウェイ STEINWAY&SONS   展示ピアノを見る[/intli

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

PAGE TOP ↑