*

ヤマハの調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 グロトリアンピアノ, ピアノ調律, ブログ

ピアノパッサージュヤマハの調律に行った。

ご新居へのお引越し、おめでとうございます!

来月には2人目のお子さんが産まれる予定。

おめでたいこと続きですね。

おすすめ記事

関連記事

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

プレイエルピアノコンサート

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

26-1-180x300

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

パッサージュメニューベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム 輸

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

201812ベヒシュタインの深響き (1)-001
サロン・ド・パッサージュ 太田太郎 コンサート ベヒシュタインの深響き 2019.2.24

thumbnail_2018-12-14 11-31
サロン・ド・パッサージュ Trio Concert on Valentine’s Day Vol.4 2019.2.14

unnamed
サロン・ド・パッサージュ 藤田凜太郎&藤平実来 PIANO JOINT CONCERT 2019.2.8 

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

Wir lieben BECHSTEIN ベヒシュタイントーンはこうして生まれる! 高品質なベヒシュタインピアノの技術的背景

0001
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.34  2019年3月17日(日) 開演13:00 入場無料!

RIMG0396
“C. Bechstein Resonances ” ピアニストからの評価、製造工程、歴史等様々な側面からベヒシュタインの魅力に迫ったミニ映画

1421917823565-4-467x550
C.BECHSTEIN ミレニアム116K

IMG_1582
今月のおすすめピアノ! ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出

IMG_1745
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN 新品 Newモデル アカデミー A114 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1399
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN Mod.M-180 黒艶出 1999年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Debussy_Zitatebild
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト弾き比べ聞き比べ

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

2
20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 

IMG_0696-300x224
スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ? 輸入ピアノ STEINWAY

B112Mod
ベヒシュタインアカデミーA114Modernの特徴と価格  輸入ピアノBECHSTEIN

IMG_1891
逸品ピアノ情報 ベヒシュタイン K-158 お問合せ下さい

IMG_1898
逸品ピアノ情報 プレイエル 115チッペンデール お問合せ下さい

Flyer20190317front
Tsukise Hall 館野泉・安達真理 デュオ・リサイタル 2019.3.17 GROTRIAN Concert Royal in自由が丘

Flyer20190210front
Tsukise Hall 松本望 ピアノ・リサイタル 2019.2.10 GROTRIAN Concert Royal in自由が丘

Flyer20190120frontx
Tsukise Hall New Year Concert 2019 2019.1.20 GROTRIAN Concert Royal in自由が丘

→もっと見る

PAGE TOP ↑