*

スタジオBのベーゼンドルファーはどうなったかというと・・・。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ベーゼンドルファーピアノ

4486cdf0.jpgスタジオBのベーゼンドルファーはどうなったかというと・・・。
ベーゼンドルファーファンのスタジオ利用者には申し訳ありません。
今はサロンにあります。
しばらくはサロンのセカンドピアノとして使用するかもですが、使用頻度はかなり低いので超特価で販売も検討しています。
この機会にベーゼンドルファーファンは必見ですよ。
お問い合わせください。225はベーゼンドルファーの原器とも言われています。
225からのエクステンデット・ベースはやっぱりカッコいい。
シャコンヌ(ブゾーニ編)のラストでコントラGが使えるということは気持ちいいこと間違いなし。
当社O嬢、ベーゼンドルファー調律の図
「サロン・ド・パッサージュ」
「サロンのご案内」
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

KC4F0069-150x150

ペトロフ P159 Bora 新品入荷しました。展示中

ホーム ペトロフ ロマンティックトーン ペトロフ P159 Bora やわらかく甘い音色で

記事を読む

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

blog_import_501d3da89175c

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国 チェコはもともと日本と同じく工業立国であ

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

PAGE TOP ↑