*

スタジオBのベーゼンドルファーはどうなったかというと・・・。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ベーゼンドルファーピアノ

4486cdf0.jpgスタジオBのベーゼンドルファーはどうなったかというと・・・。
ベーゼンドルファーファンのスタジオ利用者には申し訳ありません。
今はサロンにあります。
しばらくはサロンのセカンドピアノとして使用するかもですが、使用頻度はかなり低いので超特価で販売も検討しています。
この機会にベーゼンドルファーファンは必見ですよ。
お問い合わせください。225はベーゼンドルファーの原器とも言われています。
225からのエクステンデット・ベースはやっぱりカッコいい。
シャコンヌ(ブゾーニ編)のラストでコントラGが使えるということは気持ちいいこと間違いなし。
当社O嬢、ベーゼンドルファー調律の図
「サロン・ド・パッサージュ」
「サロンのご案内」
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d646eaf733

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20 1920年代のアールデコ全盛のピー

記事を読む

小ホール

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その29

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その29 ロビーも広く休憩中にはワインやビールも頂け

記事を読む

blog_import_501d63f260c62

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その 11

ゼーゼンに行った! キッチンピアノが作られた建物はもうない。 現在の町の中心から少し離れたところ

記事を読む

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

blog_import_501d621f1281a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

グロトリアンに行ってきた その6 ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダ

記事を読む

PAGE TOP ↑