*

久保田チェンバロ工房に寄った。その2

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 ピアノ史

blog_import_501d69f6080f8久保田チェンバロ工房に寄った。その2
工房は登り窯の様に三段の階段状に工房部屋が三つあった。
入口から入ってすぐ第一の間にはイタリアン・バージナルが壁に…。
手前には完成品なのか、レンタル用なのか二台の楽器が梱包してあった。
blog_import_501d69f6f3919第二の間にはフォルテピアノが製作中?
聞いてみると外国製のキットで代理製作中だとか。
手前鍵盤のウィンナーアクションが懐かしい。
かのモーツァルトが絶賛したメカニズムはシンプルかつ敏感なのだ。
お!奥に壁に凄いものが飾ってある…。

おすすめ記事

関連記事

150105_191704-300x168

その後のお付き合い ザウターカルス112

ザウターの調律に行った納品からもう10年。 たくさん練習してくれてペダル部品の一部小さなプラ

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

名称未設定 2

■ザウター160Traditionピアノの価格と特徴 -2

・ザウター160Traditionピアノの特徴と音色 このモデルはザウターが製造するグランドピアノ

記事を読む

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

IMG_3777

ザウター 114 Carus チッペンデール  ~森のハーモニー~ 輸入ピアノ SAUTER 展示中

ザウターグランドピアノ魅力 ザウター社の歴史 展示ピアノ一覧 ザウター 1

記事を読む

PAGE TOP ↑