*

ニッピ(日本ピアノ調律師協会)のピアノ300年祭イヴェントに行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 日本ピアノ調律師協会

5ddcc4e3.jpgニッピ(日本ピアノ調律師協会)のピアノ300年祭イヴェントに行った。
講師の物理学者「世界の森」先生は国立音大調律科の後輩でもある。
近年の物理学のピアノに対する応用とコンピューターの進化に期待している私ですが、その中でも森先生のピアノに対する情熱は世界的にも評価され、この分野でのけん引力を発揮されているのだ。
今回は一般の方々のためにも初歩編ですが、さすがに勉強になった。
cd89b8dd.jpg会場には何ヵ所かの展示室が用意されピアノの音の出る仕組みや歴史等の参考資料も配られていた。
お!名取君力作の動く展示パネルだ!!
5d716089.jpg終了後楽屋で積もる話をし、食事をしたのだった。
次回、クラブRCT(サイバーチューナーの研究クラブ)で講演を頼もうかな?
森先生、ニッピの方々、ありがとうございました。

おすすめ記事

関連記事

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

070814_1644

赤レンガのベヒシュタイン工場 その4

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

wh_panel_02

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ホフマンは輸入ピアノらしい個性ある音色を持ちつつ、

記事を読む

PAGE TOP ↑