*

2017年2月5日「男のコンサート」Vol.28 

男のコンサートVol.28 (H29.2.5)

使用ピアノ ファツィオリ F-212
151224_fazi_f212_n2 プログラム

平成29年2月5日 第28回男のコンサート
IMG_3404IMG_2848

第1部(13:00~)

・巨匠喜汰龍
IMG_2873
沈める寺(ドビュッシー)
水の戯れ(ラヴェル)
IMG_2860
・金瀬雅士
IMG_2890エチュードOp.10-5(ショパン)
エチュードOp.25-1(ショパン)
IMG_2879
・渡辺綱治
IMG_2915ソナタ第8番ハ短調Op.13「悲愴」より 第2楽章(ベートーヴェン)
IMG_2903
・尾道幸司・巨匠喜汰龍(連弾)
IMG_2955小組曲より
第1曲「小舟にて」、第3曲「メヌエット」、第4曲「バレエ」(ドビュッシー)
IMG_2927
第2部(13:50頃~)

・泉谷和澄
IMG_3014ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調(アッコーライ)(伴奏:倉持宏明)
IMG_2992
・桜本優
前奏曲嬰ハ短調 Op.3-2「鐘」(ラフマニノフ)
10の前奏曲 Op.23より 第6曲変ホ長調(ラフマニノフ)

・岩波徹
ソナタ第5番(スクリャービン)

・栄森貴久
牧歌(カスキ)
日向で水浴びする女たち(セヴラック)

・静一光
スケルツォ第2番変ロ短調Op.31(ショパン)

第3部(14:40頃~)

・鈴木新一
間奏曲イ短調Op.118-1(ブラームス)
間奏曲イ長調Op.118-2(ブラームス)

・倉持宏明
ロミオとジュリエットからの10の小品より
第2曲「情景」、第4曲「少女ジュリエット」、第8曲「マーキュシオ」(プロコフィエフ)

・野々村直哉
プレリュード第4番ホ短調Op.28-4(ショパン)
ノクターン第1番変ロ短調Op.9-1(ショパン)

・本山基彰
シャコンヌ(J.S.バッハ=ブゾーニ)

第4部(15:30頃~)
・板野和彦
4つのバラードOp.10より 第4曲(ブラームス)
音楽玉手箱Op.21(リャードフ)

・井芹達也
ピアノソナタ第14番Op.27-2「月光」より 第1楽章 (ベートーヴェン)
Truth~Ballade Piano Ver.~(安藤まさひろ)

・岡本泰之
英雄ポロネーズOp.53(ショパン)

・田中裕巳
舟歌Op.60(ショパン)

・横川哲
Courage!(斎藤圭土)

16:15頃から緩和の部に移行予定です。

忙しい日常の中、ピアノ演奏に楽しみを見いだしている方々は少なくないと思います。

ですが、オトコの楽しみとしてのピアノ演奏は、まだまだ市民権を得ているとは言えないのではないでしょうか?

ブラームス

このコンサートは、音楽が好きな「オトコ」であれば、レベル・経験・年齢など、一切無関係。音を楽しむ自分を存分に発揮されることを願っております。

会場は、大舞台ではございませんが、輸入ピアノのショールームを兼ねた気軽なサロンです。終演後の懇親会まで、一緒にお楽しみいただけることと思います。

一人あたりの演奏時間は8分程度と考えてくださいませ。

出演エントリー受付

男のコンサートではエントリー受付や司会進行を演奏参加者の「倉持さん」にお願いしております。
出演希望の方は倉持さんにお申込みください。(有料8000円懇親会費含む 定員18名先着順)

Eメール:倉持さん宛

その他お問い合わせご質問等 入場・懇親会参加申込受付

電話 03-5225-1353
(11:00~19:00月曜定休 祝日の場合は翌日)

又は  イベント参加   まで。

イベント名欄に「男のコンサート入場希望」(無料・定員80名)及び
「懇親会参加・不参加」(有料2500円持込歓迎・定員40名)をご記入ください

リスト

ラフマニノフ

会場:ピアノパッサージュ 文京区関口1-1-3プラザ飯田橋2F

第1回(2007/1/28)は、16歳から73歳まで、多士済々の個性豊かな演奏会になりました。

第2回(2007/5/20)は、17歳から74歳まで、多士済々の個性豊かな演奏会になりました。

第3回(2007/9/17)は、11歳から4?歳まで、多士済々の個性豊かな演奏会になりました。

第4回(2008/2/3)は、13人の参加、今までにもまして濃ゆい演奏会になりました。懇親会も大充実、ありがとうございました!

第5回(2008/6/1)は、12人の参加、相変わらず(^^;濃ゆい演奏会になりました。ありがとうございました!

第6回(2008/9/21)は、15人の参加、相変わらず(^^;濃ゆい濃ゆい演奏会になりました。ありがとうございました!

第7回(2009/1/11)は、16人の参加、ますます(^^;濃ゆい濃ゆい演奏会になりました。ありがとうございました!

第8回(2009/5/17)は、10人の参加、人口爆発は一区切りでしたが、またまた(^^;濃ゆい演奏会になりました。ありがとうございました!

第9回(2009/10/4)は、9人の参加、小ぢんまりな会でしたが、濃さは相変わらず(^o^)でした。ありがとうございました!

第10回(2010/1/31)は、13人の参加、濃さが一段とパワーアップ(^o^)でした。ありがとうございました!

第11回(2010/5/23)は、9歳から78歳(最高齢記録更新!)まで、13人の参加でした。ありがとうございました!

第12回(2010/10/24)は、10人の参加、復活あり新人ありの多彩な演奏会になりました。ありがとうございました!

第13回(2011/02/06)は、12人の参加、相変わらず多彩な演奏会になりました。ありがとうございました!

第14回(2011/05/15)は、12人の参加、またも最高齢更新(80歳&6週間!)でした。ありがとうございました!

第15回(2012/03/18)は、18組の参加、最多人数のご参加をいただき、復活!!を祝いました。ありがとうございました!

第16回(2012/07/28)は、13組の参加、初めての土曜日開催。みな様仕事の合間を縫ってご参加いただき、こゆい会になりました。ありがとうございました!

第17回(2013/03/17)は、20組の参加、おめでたいサプライズもありました。こゆい会になりました。ありがとうございました!

第18回(2013/07/14)は、16組の参加、お外もお暑い中演奏もお熱く。こゆい会になりました。ありがとうございました!

第19回(2013/10/6)は、またまた16組の参加、パーティー参加者も多くこゆい会になりました。ありがとうございました。

第20回(2014/3/16)は、19組の参加、皆さまのおかげで祝20回を迎えることができました。ありがとうございます!

第21回(2014/7/20)は、16組の参加、とても温かい素敵な会になりました。ありがとうございました!

第22回(2015/1/18)は、18組の参加でした。初めて参加の方も多く素敵な音楽会になりました。ありがとうございました!

第23回(2015/5/31)は、20組の参加でした。持ち込みの飲み物があまるくらい!参加された方々のこの場を楽しむ気持ちがとても心地よい素敵な音楽会になりました!

第24回(2015/10/3)は、土曜日の開催となりましたが、14組の参加、皆様一段とレベルアップ!素敵な音楽会になりました。ありがとうございました!

第25回(2016/1/17)は、記念すべき25回目。ピアノはグロトリアン・コンサートロイヤルでした。20組の参加、それぞれが楽しみながらじっくりと聴かせるピアノの演奏会になりました。ありがとうございました。

第26回(2016.5.22)は、16組の参加でした。多種多様の演奏で連弾もあり、じっくりと聴かさせて頂きました。
緩和の部の演奏も歌ありで圧巻の会でした。ありがとうございました。

第27回(2016.10.2)は、16組の参加でした。グロトリアン・コンサートロイヤルの繊細かつダイナミックな演奏が響きました。ピアノのすばらしさを共有して、大人の会になりました。

第28回(2017.2.5)開催予定

男のコンサートイヴェントリポート

親方あいさつ

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアンピアノ

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

その後のお付き合い

ピアノ製造番号

ピアノが語ってくれたもの

ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

090417_1005

ベヒシュタインの納品に行きました。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行きま

記事を読む

12n,ベヒシュタイン,販売代理店,ピアノ日本

ベヒシュタイン12Nの納品に行った。

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン12Nの納品に行った。 職場

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

TS381158

究極のベヒシュタイン!

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]  究極のベヒシ

記事を読む

TS380661

戦前のベヒシュタイン ベルリンと言えば・・・

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]  戦前のベヒシ

記事を読む

PAGE TOP ↑