*

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -1

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ, ベヒシュタインピアノ

ベヒシュタインその音色の美しさ

hw_panel_04・輸入ピアノと国産ピアノの品質と価格
 一般的に輸入ピアノは価格が高く個性に富んでいます。多くのメーカーは量産に走らず、昔ながらの手作りで一台一台仕上げますので、人の手と耳を介したモノづくりの結果として様々な個性が生れてきますし、その反面価格も高くなっていきます。沢山の輸入ピアノに触れていると、楽譜から作曲家の意図や心を読み取れるのと同様に、ピアノ制作者の意図を音色から読み取ることが出来ます。様々な個性あるピアノの中から自分の個性とマッチしたピアノに出会った時の衝撃は筆舌に尽くしがたいものがあります。しかし特にピアノに適した質の良い木材費と人件費の高騰により、近年の輸入ピアノの価格は益々高くなっています。
 国産ピアノの均一的な品質と価格の手頃さは、ピアノを選ぶうえで大きな安心感があります。同じ機種なら基本的に全く同じように作られていますし、大量生産方式により生産コストも低く抑えられています。しかし近年の市場変化に対応するためか、かなり安価で質の低いピアノも出ており、音楽を奏でる楽器として不安の多いものもあります。
 
ピアノカタログ ホフマン
 
展示ピアノ一覧

※お問い合わせは、お問い合わせフォーム
またはお電話(TEL 03-5225-1353)で承ります。

info

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d621f1281a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

グロトリアンに行ってきた その6 ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダ

記事を読む

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

ハノーファー音楽大学[/caption] 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その

記事を読む

blog_import_501d605544233

グロトリアンの整音は…。

グロトリアンの整音は…。 ザンバルト・メソッドに基づき作業されるそうだ。 これはフライブルク在住

記事を読む

blog_import_501d63df9b524

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15 1859年には、工場をブラウンシュバイクの

記事を読む

blog_import_501d61e7ed680

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

グロトリアンに行ってきた その3 さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい! 私の恩師調律師の中には

記事を読む

PAGE TOP ↑