*

40階から見ても600mオーバーは高いなぁ。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ピアノ調律

0070ea07.jpg40階から見ても600mオーバーは高いなぁ。
ベヒシュタインの調律も今回で7回目くらいかな。
レッスンでも使用していらっしゃるので楽器としての完成がそろそろのようだ。
と言うのは、今回変化が激しかったのだ。
輸入一流ピアノはまるで人の成長のようなところがある。
納入直後は赤ん坊と一緒。
弦は伸びるし、部屋に合わせて変化が著しい。これは通常良く言われることである。
面白いのはここからで、2回目3回目と調律を重ねるにつけて徐々に落ち着いてくるのは当然のこと。
ところがアップライトで5~6年グランドで8~10年くらいの時にガラっと変化することがある。
ここを私は変声期または反抗期と呼んで驚きととともに喜びを感じている。
ここでしっかりと調整調律をやってやるとピアノは末長くいい音とタッチで歌ってくれるようになるのだ。ピアノも生きているんだ。やっと一人前になったね。
輸入一流ピアノを買うということ、それは育まれた土壌、文化を感じ、楽器の成長を喜びながら長い目で楽器とお付き合いを始めることなのであろう。
「赤レンガのベヒシュタイン」
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

TS380754

赤レンガのベヒシュタイン工場 その16

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

サンタクローチェ

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

070918_0942

赤レンガのベヒシュタイン工場 その20

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン その音色の美

記事を読む

070814_1643

赤レンガのベヒシュタイン工場 その2

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   出荷調整のマイスター

記事を読む

IMG_5094

W.HOFFMANN T-161 納品しました。 サロン「奏音の小箱」

奏音の小箱一覧 ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ W.HOFFMANN

記事を読む

PAGE TOP ↑