*

ベートーヴェンといえば・・・

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 スタインウェイピアノ

blog_import_501d412fbc38cベートーヴェンといえば・・・
旧西ドイツの首都といえば、ボン!(略して旧ボン!この話題は8月15日にしたかった・・・。)
ここは、ベートーヴェンハウスがある事でも音楽ファンには有名な都市である。
当時ベートーヴェンハウスには、スタインウェイのC-221が常備され、定期的に演奏会が行われていたそうだ。
そのピアノを演奏したピアニストは数知れなく、歴代の名演奏家がコンサートを行ったそうで。
名をあげれば、アルゲリッチ、ミケランジェリ、ポリーニ、バックハウス、ケンプ、R.ゼルキン等・・・
やっぱり、演奏曲目はベートーヴェンの作品だったのかなぁ・・・?
実は、この幸運のピアノが日本にある。
ヨーロッパで完全オーバーホールを施されたスタインウェイは、席数100名くらいの素敵な教会のようなサロンホールにあるのだ。
この「幸運のピアノ」は演奏家も絶賛する。
すばらしいタッチと音色で、低音は実に深くおおらかに力強く響く。
知る人ぞ知るのであーる。

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティー早見表 ピアノが語ってくれたもの-その16

ピアノが語ってくれたもの-その16 49a弦長及び太さ早見表 Q.49aのインハーモニシティーが

記事を読む

ピサの斜塔 ピアノが語ってくれたもの-その24

ピアノが語ってくれたもの-その24 なんたるのんき? Q.二つ目の価値観は? A. もう一つは

記事を読む

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタインその音色の美しさ 仕様:BECHSTEIN Mod.M-180

記事を読む

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

GROTRIAN 189 1976年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン・ド・パッサージュ「鶴田留美子 プレリサイタル」 2022.8.27 土曜日 14:00

安井耕一 音楽講座 第1回 2022年8月5日(金)19:00

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.7.31

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑