*

何をしている所でしょうか?  その11

公開日: : 最終更新日:2021/01/30 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

94099ff9.jpg何をしている所でしょうか?  その11
鍵盤のブッシングを押えて鍵盤の動きを調整しています。
ピアノのKeyはバランス(中央)とフロントにあるピンを挟み込むようにして、横ぶれをしないように上下にシーソー運動します。
ピンと鍵盤ブッシュの隙間が無いと、スティックと呼ばれるKeyを押したら、そのまま戻ってこないような故障の原因になります。
ピアノで一番身近な故障の一つでしょう。
それぞれのKeyの隙間を整えることでタッチも均一化されます。
写真はプレイエルのアップライトの鍵盤です。

ピアノ作り何をしているところ?

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

赤レンガのベヒシュタイン工場 その21

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その21 シャルロッテンブルグ

記事を読む

ベヒシュタイン  B116 COMPACT   輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン プレミアム B116 COMPACT 購入者インタビュー 1.弊社に興味

記事を読む

ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT) 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT)

記事を読む

ベヒシュタインの納入調律に行った。

ベヒシュタインの納入調律に行った。 思い切って購入してよかったそうです。 毎日2時間以上楽しんで

記事を読む

赤レンガのベヒシュタイン工場 その4

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その4 西ベルリンには冷戦の不

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出  2018年製

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

ペトロフの納品に行きました。

W.HOFFMANN WH162P の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118 の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

ピアノパッサージュブログ一覧

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

メーカー 製造番号一覧 おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

→もっと見る

PAGE TOP ↑