*

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

公開日: : 最終更新日:2021/04/11 おすすめ記事, おすすめ記事カテゴリー, ブログ, ブログ一覧, 新着

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)  

その19 森林浴と響きの世界

大変ご無沙汰しておりました。前編のその18までの主な内容は
・ f0 (エフゼロ)とピアノ響板特性
形あるもの、実在のピアノには必ず固有振動等の特性が現れる事。
・ ピアノ低音域の謎 響板インハーモニシティー
特性が弦設計や響板のサイズ、形状、材料等によって左右される事。
・ f0に近いKeyの発見方法
・ f0測定データ収集
・ ロングミュートにおける割り振りの盲点
個体差がある故に調律師の修業時代、調律学校や養成所で学んだ理屈、技法のままでは限界がある事。
・ ご家庭にある小型ピアノこそがより個性的・魅力的で、本来の魅力を伝えることの出来る最前線である事。
・ 内在するミネラル的成分(副産物)を生かしながら改良、発展してきたピアノには、ある意味人類にとって自然界の恵とも言える一期一会の感動(独特のピアノトーンとハーモニー感)がある事。
でした。
後編はピアノトーン癒し効果の理由とは何か?
音の本質に迫る『響きの世界』を探る事から始めてみましょう。

『森林浴』で言われてきたリラックス効果とは何か・・・。
それは、フィトンチッドで知られる樹木自身が醸し出すとされる防腐剤、フィノール系化合物の『香り』と言われてきました。

しかし近年の研究でわかってきた『森林浴』の正体は、『香り』とは別のものが重要だと言われて来ています。
はたしてその正体とは・・・

『音』

それも耳では聞き取れない音(可聴領域外周波数)『超音波』だと言われてきているようです。
それは、ある体験で確信に至りました。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  

その20 音とリラックス効果の世界

約7年前の5月の連休に山奥のスーパー林道を独りドライブ、ちょっとした『谷間』に車を止めホッと一休み。
そこは、1時間たっても車の1台も通らないとてものどかで静かなところでした。
お昼過ぎで日当たりも良く、両側は『杉の林』でした。

すると、左の林から鶯(ウグイス)が・・
「ホ~ ホケキョ!」

やはり、鶯君の響かせ方も管楽器なのでしょう。
単独でリラックスして鳴く時の鶯君は最初の『ホ~』と伸ばすところに4音程ありました。
管楽器のように自然倍音なのでしょう。体全体を身震いさせて出す感じの最も低い『ブフォオ~』をドの音とするとド・ソ・ド・ミと気分によって鳴き分けていました。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  
その21 鳴き合戦
しばらくすると右の林にも鶯が来たようで・・
「ホ~ ホケキョ!」

互いにライバル心むき出しの縄張り争い(鳴き合戦)が始まりました。
15分ほどの舌戦の末、右の鶯君、ブチ切れたように今までの3倍くらいのものすごい音量で
「ホッ! ホゲキョ!!!」
と鳴いてバサバサと飛び立っていきました。この場合、居残った左の鶯君が勝利になるのでしょうか?
それはともかく、最後の音量がものすごく「ホゲキョ!!!」の「キョ!!!」の後にその音が木々に乱反射して高周波がシャワーのように降りそそぎ・・・
『シュワワワ~~~ンンン』と林に長い間余韻が残りました。
『ケキョ!!!』の声にそんな高周波が含まれていたことにも驚きでしたし、風もない、車も来ない、はるか上空に航空機も飛んでいない静寂の中の出来事でした。

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  
その22 静寂と超音波
5月上旬でしたから暖かく大気も乾燥していた事でしょう。
その時私は、こだまする響きとその後の静けさに何とも言えない心の安らぎを覚え、
「これだ!これが森林浴のリラックス効果の一つであり、森の中の『精霊のささやき』につながるのでは・・・?」
と感じたのです。
 
雅楽の『笙(しょう)』が鳳凰という想像上の鳥の翼をイメージして形作られ、『超音波』をも発生し、その有無で演奏空間全体の臨在感が著しく違うと言われる事にもつながりました。

オーディオファンの中にはCDからレコードに回帰される方々がいる事や、近年のハイレゾ音源開発の意味も合点がいきました。
(つづく)

パッサージュメニュー

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタインピアノ工場 ザイフェナースドルフ編 輸入ピアノBECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン Wir sind Be

記事を読む

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

W.HOFFMANN T-161 納品しました。 サロン「奏音の小箱」

W.HOFFMANN T-161 納品しました。 サロン「奏音の小箱」2016年5月7日オープ

記事を読む

ピアノが語ってくれたもの その1~41総集編

以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ

記事を読む

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (後編)更新中

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 (前編)

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶出  2018年製

ベーゼンドルファー200 1984年製 入荷しました。

スタインウェイ K-132 ハンブルグ ダークウォルナットバードアイ 艶消

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

ペトロフの納品に行きました。

W.HOFFMANN WH162P の納品に行きました。

ベヒシュタイン コントア118 の納品調律に行きました。

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

ピアノパッサージュブログ一覧

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

ベヒシュタイン B203 P.Yamauchi

C.BECHSTEIN 12a 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

メーカー 製造番号一覧 おすすめ記事

ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

→もっと見る

PAGE TOP ↑