*

「神田川右岸のピアノ工房」では…。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 神田川右岸のピアノ工房

b7860004.jpg「神田川右岸のピアノ工房」では…。
例のごとく粛々と修理が続いているのだ。
現在、検査入院中のピアノは由緒正しきお宅のベヒシュタイン8モデル。
1920年代の製作のものだ。
アクションも現在とは違う部分もあり、レペティションをより良くするためのジャック周りの工夫がすさまじい。
とにかく芸が細かいのだ。
んで、驚いたことに一度オーバーホールが行われたようで、何と!杵淵さんのサインがあった。
ed9e11e5.jpg
1939年戦前のサインになる。
この年代だと杵さんの親父さんのほうだね。
「神田川右岸のピアノ工房」
「ピアノ技術関連」
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

PAGE TOP ↑