*

マークの由来

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ史

c3d7a196.jpgマークの由来
おなじみのヤマハマーク。
ヤマハ関係者は最初に教わる社史なのだろうが、いわゆる家紋からきているのだろうか…。説明書きがあった。
形はご存じのとおりヤマハ発動機株式会社とも共通の音叉が3つ隠れているタイプに決まったそうなのだ。
一昔前ヨーロッパでは「なんで?最新のオートバイ作っているメーカーがピアノを作るんだ?」とか「なんで?ピアノメーカーにオートバイを作る力があるんだ?」とかの質問攻めにあうこともしばしばだったそうだが…。今は別々の組織だと理解されているようだ。
日本ではそのような疑問や質問には出会ったことはなかったなぁ。

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

ザウター納品に行ってきました。

ザウター納品に行ってきました。 拓殖大正門近くの【CONTRASTO GALLERIA】さんです。

記事を読む

ザウターピアノの納品に行った。

ザウターピアノの納品に行った。 ザウターピアノのデザインは洗練されていて、女性に人気がある。 音

記事を読む

ザウター 114 Carus チッペンデール  ~森のハーモニー~ 輸入ピアノ SAUTER

ザウターグランドピアノ魅力 ザウター社の歴史 展示ピアノ一覧 ザウター 1

記事を読む

SAUTER 160 Tradition の納品に行った。

SAUTER 160 Tradition の納品に行った。 思い切って購入して良かった!と、笑

記事を読む

「男のコンサート」Vol.44  2022年10月2日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

ベーゼンドルファー170 の納品に行きました。 

ベヒシュタイン B203 ローズウッド入荷しました。

グロトリアン モデル200のご試弾会 開催 2022.9.21~

STEINWAY & SONS New York M170 の納品に行きました。 

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

『ベヒシュタイン技術者の会』に向けて ベヒシュタイントーンシリーズ Vol.3 ピアニストが一言『タッチ』と表現したとしても・・・

No.0 6本脚 ピラミッドマホガニー艶出 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 

ペトロフ 124 ウォルナット艶消  1979年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN 200 1929年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

展示ピアノ「 UP・GP・価格別」

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

C.BECHSTEIN M-180 貴重クラシックモデル復刻版 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C.BECHSTEIN-L165の納品立会に行きました。

長島剛子 梅本 実 リートデュオ・リサイタル ロマン派から20世紀へ PartⅣ

花崎薫、野田清隆 ヴェートーヴェン チェロと作品全曲演奏会 Vol.1 2022.11.20

ソレイユピアノコンサート Vol.6 2022.10.10

→もっと見る

PAGE TOP ↑