*

マークの由来

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ史

c3d7a196.jpgマークの由来
おなじみのヤマハマーク。
ヤマハ関係者は最初に教わる社史なのだろうが、いわゆる家紋からきているのだろうか…。説明書きがあった。
形はご存じのとおりヤマハ発動機株式会社とも共通の音叉が3つ隠れているタイプに決まったそうなのだ。
一昔前ヨーロッパでは「なんで?最新のオートバイ作っているメーカーがピアノを作るんだ?」とか「なんで?ピアノメーカーにオートバイを作る力があるんだ?」とかの質問攻めにあうこともしばしばだったそうだが…。今は別々の組織だと理解されているようだ。
日本ではそのような疑問や質問には出会ったことはなかったなぁ。

おすすめ記事

関連記事

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

ペトロフP118の納入調律に行きました。

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.41  2021年9月26日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

STEINWAY & SONS – Z114 の納品調律に行きました。

杵さんちのグロトリアン その3  鍵盤修復中

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト 「しっかり比較試弾」会 開催 2021.9.15~9.30

Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイングランド 「じっくり比較試弾」会 開催 2021.9.15~9.30

C.BECHSTEIN コンサート8n 1969年製 入荷しました。オリジナル 価格も魅力です。 

スタインウェイ アップライト Z114 STEINWAY&SONS 

C.BECHSTEIN クラシック118 新品入荷しました。 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

「ラ・コリーマ ピアノ・デュオ・リサイタル」山田磨依&吉田朝子 2021.9.18 武蔵野公会堂

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 入荷しました。

「2台ピアノリサイタル」サロン・ド・パッサージュ 2021.9.20(月祝)14:00

冨澤裕貴 ピアノ独奏会 ハイドンのソナタを集めて~短調の魅力を探る~ 2021.9.20 ミレニアムホール

入川 舜 バッハを辿る vol.5 2021.10.2 美竹清花さろん

入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2021.10.10 2022.1.16 4.24 7.31

ペトロフ P118 の納品に行きました。

輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

ベヒシュタイン クラシック118 の納品に行きました。

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.40  2021年5月9日(日) 開演13:00 

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

杵さんちのグロトリアン その2 杵渕さんのグロトリアンピアノが戻ってきた!

杵さんちのグロトリアン その1 このグロトリアン185 杵渕直都さんちにあったそうだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑