*

ピアノカタログ グロトリアン コンサートロイヤル

GROTRIAN Concert Royal

コンサートロイヤルは、フルオーケストラのような豊かさと輝きをすべてあわせ持っています。世界最高のグランドピアノとみなされているのも確かな理由があってのことです。音色、演奏メカニズム、そして構造とも、品質、洗練性、そして完璧さの高い基準を満たすものとなっています。

写真:GROTRIAN Concert Royal

concertroyal_g

仕様:GROTRIAN Concert Royal

高さ 100㎝
156㎝
奥行 277㎝
重量 550㎏

グロトリアンについて

グロトリアン展示一覧

※お問い合わせは、お問い合わせフォーム
またはお電話(TEL 03-5225-1353)で承ります。

info

  • グロトリアン工場

スタインウェイの創始者が初めて作ったピアノそれがグロトリアンである。
後に彼ら一族はニューヨークに渡るが、ブラウンシュバイクのピアノ作りはグロトリアンに引き継がれ現在も製作されている。
特にアップライトの評価は世界的にも非常に高く、日本国内でも多くの調律師が評価している。
中音部の力強さと甘い音色は聴く人弾く人をピアノ音楽の喜びへと導いてくれる。
ドイツを代表するピアノメーカー。是非一度ご試弾をお勧めしたい。
弦設計は中庸だが、若干ハイインハーモニシティーである。
次高音部分に一瞬感じる鈴の音のような響きはニューヨークスタインウェイに若干共通する。
分厚い中低音もドイツらしくシューマンやブラームスは向いているかも。
出会いは古いアップライトだったように思うがはっきり覚えていない。
その後楽器フェアーでコンサートロイヤルを弾くチャンスがあり、現地工場にも研修に行くことになる。

グロトリアンの歴史
ドイツ人初代フリードリッヒ・グロトリアンはロシアでピアノ「GROTRIAN&LANG」製作で成功を納める。
母国ドイツの叔父さんが亡くなり、財産を引き継ぐためドイツ・ブラウンシュバイクに帰国しT.シュタインベックのピアノ工場(所在地ヴォルフェンヴュッテル)に出資する。
1865年T.シュタインベックはヴィルヘルム・グロトリアンに工場の権利すべてを売却後渡米しスタインウェイの製作を行うことになる。
1872年フランクフルトの楽器店「Lichtenstein&Co.」でのクララ・シューマンとグロトリアンピアノの出会いは衝撃的で、「今日から私は弾くのはこのピアノだけ」と店主に伝えた。
事実以降彼女は演奏会にグロトリアンのみを指定することになる。
スタインウェイの兄弟とかルーツとか言われているメーカーだが、確かに1872年まではスタインウェイ社と同じ設計で製作されていたようだ。
その後独自のシンギングトーンを目指し「良い楽器を製作すればすべてうまくいく」を合言葉に現在も一貫生産を続けている。

DSCN0903

6グロトリアン工場

画像 041

グロトリアン ストーリー

100505_1053~01

グロトリアンに行ってきた その1
近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行くぞー!!
ブラウンシュバイクに行くぞ~!
ってなわけでやってきました成田空港!
お!飛行機はルフトハンザ!世界でも最も安全な航空会社だそうで
飛びます!飛びます!!

blog_import_501d61df6c324なぜ?グロトリアンなのか?
これを話すと長~いことになるので・・・。ここでの紹介はちょっとだけにします。
約50年以上前の話だが、日本のコンサート調律技術を世界1と言われるほどに進化させ、ヨーロッパの音の本質探るべくドイツに旅立った人がいた。
その名を故「杵淵直知」大正14年生まれで父親もピアノ調律の名士として有名でピアノ業界の超サラブレッド家系の人なのである。
その杵淵さんが当時親の反対のなかで、家族も東京に残し「ヨーロッパの音」をつかむべく渡独し最初に1年以上研鑽を積んだドイツ1流メーカーがグロトリアンなのだ。 続きはこちら

グロトリアンの歴史

GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe ReaderGROTRIAN

初代・Friedrich GROTRIAN (ゲオルグ・フリードリッヒ・カール・グロトリアン)
1803年生まれ 1830年モスクワへ渡りピアノ専門店経営、成功を納め叔父の遺産を受け継ぐこともあってロシアから戻り1835年創業のピアノメーカーに経営参加する。

当時、家具職人であったH.E.STEINWEG(ハインリッヒ・エンゲルハート・スタインベック)と共に生産を開始する。

その後、ドイツの政治不安もあり、H.E.STEINWEG氏は1850年、長男Theodor STEINWEGをグロトリアンに残しニューヨークへ旅立ち STEINWAY&SONS(スタインウェイ)を1853年設立する。

2代目・Wilhelm GROTRIAN

先にユーヨークに渡った父からの要請を受けTheodor STEINWEG氏は1865年渡米し、スタインウェイ社を手伝うことになる。 続きはこちら

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353 (11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合は翌日)

       
    お名前必須
    例:佐藤 一郎
    メールアドレス必須
    例:abc@mail.ne.jp
    郵便番号
    例:1120014
    住所
    例:東京都文京区関口1-1-3
    TEL
    例:03-5225-1353
    ご要望
    (複数選択可)必須
    ピアノ見学(試し弾き)ピアノ相談ピアノ調律ピアノ修理ピアノ運送ピアノ椅子ピアノ付属品等その他
    お問合せ内容必須


    添付ファイル




    展示ピアノ

    グロトリアン 展示一覧

    ベヒシュタイン 展示一覧

    パッサージュメニュー

    pick-upおすすめ記事

    ブログ

    ピアノパッサージュチャンネル動画


    公開日:
    最終更新日:2021/01/31

    C.BECHSTIN S145 P.Yamauchi 納品立会に行きました。

    年内 不在・休日 のご連絡 申し訳ありません

    ベヒシュタイン ミレニアム116K の納入調律に行きました。

    輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

    お求めやすい“W.ホフマンVision V2”が、ベヒシュタイン・ヨーロッパから新登場!

    ベヒシュタイン 12a の納入調律に行きました。

    ベートーベン生誕250周年記念 BEETHOVEN -松浦るみ子- ドイツ3大Bプログラム 2022.1.22

    W.HOFFMANN T161 の納品立会に行きました。

    「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ 2 ピアノの響板特性とハーモニー調律 その1~その48

    「ピアノが語ってくれたもの」シリーズ1 その1~41

    サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷アナリーゼ地区 2021.12.12

    サン=オートムホール ピティナ・ピアノステップ 本郷1月地区 2022.1.10

    弦楽亭 第2回 那須クラシック音楽祭アカデミー 上位入賞者コンサート 2021.12.11

    入川 舜 ピアノサロンコンサート ~フレンチピアニズムとベートーヴェン~ 2022.1.16 4.24 7.31

    サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.42  2022年2月6日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

    サロン予約された方々へのご連絡 サロン・ド・パッサージュ臨時改正

    Bösendorfer 120CL 1988年製 入荷しました。 調整中!

    『ベヒシュタイン技術者の会』発進

    素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

    32人のピアニストによる ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会 2022.1.26 27

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑