*

究極のベヒシュタイン!

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 TS381158究極のベヒシュタイン!
前にも紹介したグランドピアノ。
型番はV 奥行き200cmのピアノである。
製作年は1885年。側板は角ばっている。
このピアノは、ベルリンのベヒシュタイン本社工場でマイスターらによって修復された記念の品である。
響板の最高音側を接着していないなど、往年のベヒシュタインを忠実に再現して修理してある。ベルリンのマイスターだもの。あたりまえかな。
blog_import_501d46335709f
鍵盤は象牙黒檀。この時代は黒鍵の間の白鍵はあまり弾かなかったのかな。
黒鍵が!フッといのだ。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

DSC_0343-2

グロトリアン ハンブレ165

グロトリアン ハンブレ165 奥行き165cmとは思えない! 枠を超えたダイナミックさをお楽しみ

記事を読む

DSC_0380-977x550

グロトリアン キャラット マホガニー艶消

グロトリアン キャラット 歌声のような音色、奥深い響きは 新たな心境へと導いてくれるでしょう。

記事を読む

blog_import_501d6e533dbc5

グロトリアンの整音作業

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 スタンウェイ編

スタインウェイ STEINWAY&SONS   展示ピアノを見る[/intli

記事を読む

PAGE TOP ↑