*

スタインウェイのZ114 調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 スタインウェイピアノ

53831a0f.jpgスタインウェイのZ114 調律に行った。
月日のたつのは早いものでもう師走。
この時期は暖房の使用が始まり、多湿から乾燥へと移り変わる時期。
ピアノの調律の変化やトラブルも多い。
さすが、スタインウェイだ。所有者の心配りもあって、状態はベストコンディション。
aec9bbad.jpg近年のマンションや一戸建ては部屋の機密性も高く、空調設備も安くていいものが出回っている。
これらの適正を助言し、お手伝いするのも調律師の重要な仕事なのだ。
当社は経営コンセプトに「他に勝る技術とアフターサービス」を掲げている。
スタッフの充実、教育も重要になってくる。
んでもって、師走なのだ。

おすすめ記事

関連記事

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ナウ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタイ

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

セーヌ川

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

スタンウェイ工具

スタインウェイ 工具たち ピアノが語ってくれたもの-その35

ピアノが語ってくれたもの-その35 スタインウェイの整音 A. もう、17年くらい前になります。

記事を読む

フレーム仕上げ

フレーム仕上げ ピアノが語ってくれたもの-その33

ピアノが語ってくれたもの-その33 洋の東西 A. 使用言語を聴いて感じて、そのリズムを持つこと

記事を読む

PAGE TOP ↑