*

スタインウェイのZ114 調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 スタインウェイピアノ

53831a0f.jpgスタインウェイのZ114 調律に行った。
月日のたつのは早いものでもう師走。
この時期は暖房の使用が始まり、多湿から乾燥へと移り変わる時期。
ピアノの調律の変化やトラブルも多い。
さすが、スタインウェイだ。所有者の心配りもあって、状態はベストコンディション。
aec9bbad.jpg近年のマンションや一戸建ては部屋の機密性も高く、空調設備も安くていいものが出回っている。
これらの適正を助言し、お手伝いするのも調律師の重要な仕事なのだ。
当社は経営コンセプトに「他に勝る技術とアフターサービス」を掲げている。
スタッフの充実、教育も重要になってくる。
んでもって、師走なのだ。

おすすめ記事

関連記事

bolet_1

ホルヘ・ボレット “ベヒシュタインほど、圧倒的な品質を備えた楽器は他にないだろう” 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ "I think Bechstein has

記事を読む

img_5571-1

ペトロフ Bora159の納入調律に行った。

ペトロフ Bora159の納入調律に行った。 黒がとても格好良くて、響も豊かなピアノです。

記事を読む

%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab5

サリーム・アシュカール(Pianist) -3 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 近年は、2016年春までセージ・ゲーツヘッドにてベー

記事を読む

%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab1

サリーム・アシュカール(Pianist) -1 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 22歳でカーネギーホールにデビュー、ウィーン・フィル

記事を読む

%e3%82%b5%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab2

サリーム・アシュカール(Pianist) -2 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ サリーム・アシュカール(Pianist) ズー

記事を読む

PAGE TOP ↑