*

ブラジリアンローズウッドの珍しいこのスタインウェイはkeyも珍しかった。

公開日: : 最終更新日:2015/12/11 スタインウェイピアノ

ff91e342.jpgブラジリアンローズウッド外装の珍しいこのスタインウェイはkeyも珍しかった!
ブラジリアンローズウッド(ハラカンダ)は鍵盤にかつて使用されていた象牙とともにワシントン条約で輸出入が禁止されている。
このスタインウェイはワシントン条約以前の製作なので証明書等を申請し、サイテスを発行して正式に輸入されたもの。
モデルX 137cmの高さを有する。1886年8月28日の製作だそうで、

博物館級のピアノとして「ピアノドリーム」という書籍にも同型モデルが掲載されているそうだ。
7c0e6856.jpg英国ヴィクトリアンスタイルのこのピアノは鍵盤にも一工夫があった。

おすすめ記事

関連記事

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

PAGE TOP ↑