*

ニューヨークスタインウェイの特徴

公開日: : 最終更新日:2015/12/11 スタインウェイピアノ

819b9dbd.jpgニューヨークスタインウェイの特徴
まず、外装は最近のボストンピアノのデザインに見られるように腕木が角ばっている。
cfda4eae.jpgダンパーヘッドもクロのつや消しで塗装してあって、なぁーんか渋い!
30cd8743.jpg弦の張り方、引っ掛け方もスタインウェイはかなり昔から行っていた。それまでは一本一本玉を作っていた形をループ状に引っ掛ける形にしたのだ。
この引っ掛けるところをヒッチピンと呼ぶ。
このLタイプは太さが2種類あって3本弦のパラレルを保とうとしている。とて~も芸が細かいのだ。これはドイツ物も同じで、当社にあるB型もそうだったと思う。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d64d3b3a1f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25 構内中庭にはなんかようわからんもんが…。ド

記事を読む

blog_import_501d6479b4134

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その21

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その21 ってな訳でやってきました工場の廊下…。

記事を読む

blog_import_501d6483d9a23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その22 優ちゃんだ

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その22 現代の女流ピアニストと言えば…。 宮沢

記事を読む

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

blog_import_501d64fc3f89a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26 これが「カタツムリ」と呼ばれる音大練習室。

記事を読む

PAGE TOP ↑