*

進化するスタインウェイ

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 スタインウェイピアノ

19d3207d.jpg進化するスタインウェイ
ダイナミックレンジの広さとタッチコントロールの良さが、多くのピアニストの指示を受けているスタインウェイも進化しているのだ。
やはり、ピアノは完成していない。まだまだ、可能性がある。
今回の進化は、ハンマーとウイッペンだそうだ。
写真はウイッペンで、上が新タイプ。下が旧タイプだ。
右の四角いハンマークッションフェルトの位置が、すこし低くなったこと。
中央下のウイッペンヒールクロスに傾斜がついたことだ。
目的はタッチの摩擦軽減とダイナミックスの幅の向上だそうだ。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その3 ベヒシュタイン

記事を読む

35-1-300x180

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノに興味

記事を読む

070822_1802

赤レンガのベヒシュタイン工場 その8

ベヒシュタインその音色の美しさ 赤レンガのベヒシュタイン工場 その8 さて、いよいよ当時のベ

記事を読む

1421833522836-2

■ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -2

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12bの設計はマイスターピースclassic118に引き継が

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41総集編

以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更したものです。ピアノ

記事を読む

PAGE TOP ↑