*

マエストロ堀ピアノフォルテのアクション

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 おすすめ記事, チェンバロ クラヴィコード, ピアノ調律

TS380455
TS380453ウィンナーアクション
ご覧の通り、現代のアクションとはかなり違う。
至ってシンプル。ハンマーレールやアクションレールは存在しません。
鍵盤ひとつひとつが一品料理です。
シンプルなだけに鍵盤のしなりも大きくタッチに影響します。
鍵盤の後ろに打弦機構がそっくり乗っかっている形です。
シャンク(細い棒)の先に鹿皮を巻いたかわいいハンマーが着いてます。
ハンマーが見えませんが、ハンマーヘッドは手前についています。現代のアクションとは逆向きなのよ。
ベートーヴェンもこのタッチから来る音色の変化を好んだとか。

マエストロ 堀 最後のピアノフォルテ 総集編

おすすめ記事

関連記事

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

プレイエル

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

森の音楽会

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

ピアノが語ってくれたもの-その40 刃物研ぎ Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習

記事を読む

PAGE TOP ↑