*

ベートーヴェンといえば・・・

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 スタインウェイピアノ

blog_import_501d412fbc38cベートーヴェンといえば・・・
旧西ドイツの首都といえば、ボン!(略して旧ボン!この話題は8月15日にしたかった・・・。)
ここは、ベートーヴェンハウスがある事でも音楽ファンには有名な都市である。
当時ベートーヴェンハウスには、スタインウェイのC-221が常備され、定期的に演奏会が行われていたそうだ。
そのピアノを演奏したピアニストは数知れなく、歴代の名演奏家がコンサートを行ったそうで。
名をあげれば、アルゲリッチ、ミケランジェリ、ポリーニ、バックハウス、ケンプ、R.ゼルキン等・・・
やっぱり、演奏曲目はベートーヴェンの作品だったのかなぁ・・・?
実は、この幸運のピアノが日本にある。
ヨーロッパで完全オーバーホールを施されたスタインウェイは、席数100名くらいの素敵な教会のようなサロンホールにあるのだ。
この「幸運のピアノ」は演奏家も絶賛する。
すばらしいタッチと音色で、低音は実に深くおおらかに力強く響く。
知る人ぞ知るのであーる。

おすすめ記事

関連記事

2

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

トップページ1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年

記事を読む

IMG_2860

スタインウェイ M-170 ハンブルグ 特別価格展示中

トップページ  アクセス スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ M-1

記事を読む

img_0014

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Mod.L-165 黒艶出 入荷しました 調整中!

仕様:BECHSTEIN Mod.L-165 現在調整中です。

記事を読む

【差替】4月21日大奥由紀子ピアノリサイタル

サロン・ド・パッサージュ 大奥由紀子 ピアノリサイタル ~炎の祭典~ 2018年4月21日(土) 開演15:30 3000円

トップページ チケット予約・お問合せ   おすすめ記事メニュー &nb

記事を読む

000

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.31  2018年3月21日(祝水) 開演13:00 入場無料!

トップページ 入場・懇親会参加申込 その他お問い合わせ 電話 03-5225-1353

記事を読む

blog_import_501d3d12ad8c4

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

トップページ おすすめ記事総集編 「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」と

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

トップページ  アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音

記事を読む

IMG_0504

ピアノパッサージュ プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

ホーム  アクセス 展示ピアノ一覧 写真:プレイエル  超

記事を読む

150416_bose_152_63411

夏休み特別企画 ピアノ調律師が語るピアノの仕組み ヨーロッパ編

夏休み特別企画 ピアノ調律師が語る「ピアノの仕組み」 ベーゼンドルファー・ベヒシュタイン・スタ

記事を読む

ベヒシュタインB112の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインB112の納入

記事を読む

32e5ccef993dffca8c636e7f4d44f638-300x221

フルシュタインの調律に行った。

フルシュタインの調律に行った。 イタリア製のフルシュタイン、世界で最初にサイレントピアノ「ナイ

記事を読む

ペトロフの調律に行った。ワン!だフル! シリーズ1

ペトロフの調律に行った。 お膝の上に乗せてもらって… ママのピアノは夢心地

記事を読む

blog_import_501d6071b857e

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。 音楽が好きでピアノが好きでそれぞれの立場でグロトリア

記事を読む

PAGE TOP ↑