*

ベートーヴェンといえば・・・

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 スタインウェイピアノ

blog_import_501d412fbc38cベートーヴェンといえば・・・
旧西ドイツの首都といえば、ボン!(略して旧ボン!この話題は8月15日にしたかった・・・。)
ここは、ベートーヴェンハウスがある事でも音楽ファンには有名な都市である。
当時ベートーヴェンハウスには、スタインウェイのC-221が常備され、定期的に演奏会が行われていたそうだ。
そのピアノを演奏したピアニストは数知れなく、歴代の名演奏家がコンサートを行ったそうで。
名をあげれば、アルゲリッチ、ミケランジェリ、ポリーニ、バックハウス、ケンプ、R.ゼルキン等・・・
やっぱり、演奏曲目はベートーヴェンの作品だったのかなぁ・・・?
実は、この幸運のピアノが日本にある。
ヨーロッパで完全オーバーホールを施されたスタインウェイは、席数100名くらいの素敵な教会のようなサロンホールにあるのだ。
この「幸運のピアノ」は演奏家も絶賛する。
すばらしいタッチと音色で、低音は実に深くおおらかに力強く響く。
知る人ぞ知るのであーる。

おすすめ記事

関連記事

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

ドゥオモ

ドゥオモ ピアノが語ってくれたもの-その23

ピアノが語ってくれたもの-その23 コンセプト Q.それでは、肌で感じた部分はどのようなところな

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 その1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

070918_0939

赤レンガのベヒシュタイン工場 その17

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

PAGE TOP ↑