*

ベートーヴェンといえば・・・

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 スタインウェイピアノ

blog_import_501d412fbc38cベートーヴェンといえば・・・
旧西ドイツの首都といえば、ボン!(略して旧ボン!この話題は8月15日にしたかった・・・。)
ここは、ベートーヴェンハウスがある事でも音楽ファンには有名な都市である。
当時ベートーヴェンハウスには、スタインウェイのC-221が常備され、定期的に演奏会が行われていたそうだ。
そのピアノを演奏したピアニストは数知れなく、歴代の名演奏家がコンサートを行ったそうで。
名をあげれば、アルゲリッチ、ミケランジェリ、ポリーニ、バックハウス、ケンプ、R.ゼルキン等・・・
やっぱり、演奏曲目はベートーヴェンの作品だったのかなぁ・・・?
実は、この幸運のピアノが日本にある。
ヨーロッパで完全オーバーホールを施されたスタインウェイは、席数100名くらいの素敵な教会のようなサロンホールにあるのだ。
この「幸運のピアノ」は演奏家も絶賛する。
すばらしいタッチと音色で、低音は実に深くおおらかに力強く響く。
知る人ぞ知るのであーる。

おすすめ記事

関連記事

KC4F0127

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの特徴と違い  –1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   ベヒシュ

記事を読む

ベヒシュタイン A3の納入調律に行きました。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン A3の納入調

記事を読む

7-1-300x225

ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT) 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン A3(プレミアム B116 COMPACT)

記事を読む

Bechstein A3 マホガニー艶消し 納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein A3(B

記事を読む

130216_1854

ベヒシュタイン A3 の調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン A3 の調律

記事を読む

PAGE TOP ↑