*

ベーゼンドルファー(ウィーン)工場長 フェルドナンド ブロイ氏と

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ベーゼンドルファーピアノ

TS380249

ベーゼンドルファー(ウィーン)工場長 フェルドナンド ブロイ氏とパチリ!
先日、ベーゼンドルファー東京ショールームで国立・楽器技術研究会主催の研修会が行われた。
ベーゼンドルファーの楽器作りの特徴や音作りのコンセプトを披露してくれました。
特に、整音行程には力を注ぐメーカーとして定評があります。具体的に作業を公開しながら、わかりやすく説明してくださいました。
ブロイ氏の人柄は、とても真面目で言葉の一つ一つを大切にしていらっしゃいましたね。
伝統を守り伝えて行くにふさわしい工場長でした。

おすすめ記事

関連記事

フレーム サーフェーサー

ピアノフレーム サーフェーサー処理 ピアノが語ってくれたもの-その13

ピアノが語ってくれたもの-その13 ウィーン式アクション(ウィンナーメカニック) Q.ウィーン式

記事を読む

リスト

リスト ピアノが語ってくれたもの-その38

ピアノが語ってくれたもの-その38 「江戸っ子」は3代目? Q.教えてもらうより、自分で発見する

記事を読む

45-1-168x300

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろと

記事を読む

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

PAGE TOP ↑