*

アントン・ワルター

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 出張

070207_1447アントン・ワルター 1784ウィーン
ノイペルト製レプリカ。61Keys
モーツァルトはウィーン定住後、ワルターを好んで愛用したとか。
オリジナルはザルツブルグのモーツァルテウム財団に所蔵されているそうです。
黒鍵と白鍵の色が逆になっており、ペダルは膝で押上げるタイプです。
右がダンパーペダルで左はモデラートペダルです。
そういえば、武蔵野音大の博物館にもノイペルト製ピアノフォルテがあり、大学祭や客員教授の公開講座で使用するため、調律や調整をし、楽しんだことを思い出しました。
懐かしい再会でした。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

森の音楽会

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

ピアノが語ってくれたもの-その40 刃物研ぎ Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習

記事を読む

ハンマーヘッド

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

1421917823565-4-467x550

C.BECHSTEIN ミレニアム 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ホーム  アクセス ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/

記事を読む

PAGE TOP ↑