*

何をしている所でしょうか?  その15

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ピアノ

024何をしている所でしょうか?  その15
これは、見れば分かりますね。
ピアノの弦を張っている所です。
弦の張り方には、このように弦をまず本体側に取付け、その後、チューニングピンを巻き付けながら、ピン板に打ち込む方法があります。
また、1本だけの修理の場合や部分交換の場合は、チューニングピンを本体に付けたままで、弦を巻き付ける方法があります。
芯線の太さは、最高音で0.75mm前後、中音部分の最も低い所で、1.2mmくらいで、0.025mmずつ段階的に変化します。

おすすめ記事

関連記事

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ナウ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタイ

記事を読む

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

1421917823565-4-467x550

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン ミレニアム 新品 入荷しました。  輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/egU1G

記事を読む

PAGE TOP ↑