*

何をしている所でしょうか?  その15

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 ピアノ

024何をしている所でしょうか?  その15
これは、見れば分かりますね。
ピアノの弦を張っている所です。
弦の張り方には、このように弦をまず本体側に取付け、その後、チューニングピンを巻き付けながら、ピン板に打ち込む方法があります。
また、1本だけの修理の場合や部分交換の場合は、チューニングピンを本体に付けたままで、弦を巻き付ける方法があります。
芯線の太さは、最高音で0.75mm前後、中音部分の最も低い所で、1.2mmくらいで、0.025mmずつ段階的に変化します。
 
何をしているのでしょうか? 

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe Reader

グロトリアンの歴史

グロトリアン シンギングトーン GROTRIAN 初代・Friedrich GROTRI

記事を読む

IMG_0005

STEINWAY  製造年 -製造番号

1856 -1000 1934 -278000 1999 -54

記事を読む

DSC00479-1024x681

ピアノパッサージュ 技術動画 グロトリアン編

甘い音色とシンギングトーン 試弾ご予約受付中 Eメール

記事を読む

100505_1053~01

グロトリアン ストーリー 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアンシンギングトーン グロトリアンに行ってきた その1 近代ピアノのルーツ・グロトリ

記事を読む

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.37  2020年2月2日(日) 開演13:00 入場無料!

thumbnail_IMG_2502
今月のお勧めピアノ スタインウェイ F-104 ハンブルグ ウォルナット 艶消

thumbnail_IMG_7399
ベヒシュタイン 12b の納品調律に行った。

ベヒシュタイン L-165の納品調律に行った。

thumbnail_IMG_2470
杵淵さんのグロトリアンピアノが戻ってきた!

thumbnail_IMG_7378
ベヒシュタイン M-180 の納品に行った。

C.BECHSTEIN L-165 の納品立ち会いに行った。

download
グロトリアン フリードリッヒの納品調律に行った。

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

thumbnail_IMG_2344
C.BECHSTEIN アカデミー A.114 Compact 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

thumbnail_IMG_2326
C.BECHSTEIN コントア R118 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1742-300x225
C.BECHSTEIN アカデミー A114 新品 165周年記念モデル 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.36  2019年10月14日(月祝) 開演13:00 入場無料!

thumbnail_IMG_0088
サロン・ド・パッサージュ 太田太郎ピアノコンサート 2019.10.13 プログラム決定しました。

地蔵通り 技技(わざわざ)横丁フェスティバル 2019.10.25~11.2

thumbnail_IMG_0064
ピアノパッサージュ P.Yamauchiマイスター BECHSTEIN整音社内研修会 Vol.7 2019.10.7 10.8

thumbnail_IMG_0055
太田太郎さんが10月13日リサイタルのリハーサルに来てくれた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑