*

何をしている所でしょうか?  その10

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

d96439b5.jpg何をしている所でしょうか?  その10
答 銅線を巻いて、低音弦の巻線を作っています。
ピアノの低音弦は芯になる鋼鉄線の回りに銅線を巻いて作ります。
このように1本1本を銅線の太さによる違いを手で加減しながら、熟練工が巻いて行きます。
銅線の品質や巻き方また、機械の回転速度によっても音が違ってくるので、各メーカーは非常に気を使います。
ピアノの音色は低音側に行けば行くほど単音に部分音(倍音)を多く含むのが特徴です。
楽器全体の響きにも影響する部分ですので、気にいらない音があるとそっくり交換したりもします。
 
何をしているのでしょうか? 

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

070814_1643

出会い輸入ピアノ その1 ベヒシュタイン

ベヒシュタインその音色の美しさ   ベヒシュタイン フランスのプレイエルやパープピア

記事を読む

130715_1915~01

ベヒシュタイン12nの調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   「ベヒシュタイン」12nの調

記事を読む

130430_1919~01

ベヒシュタイン L165の納入調律に行った。

ベヒシュタインその音色の美しさ   ベヒシュタインL165の納入調律に行った。

記事を読む

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ザイフェナースドルフ編 輸入ピアノBECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタインピアノと言えばベ

記事を読む

ベヒシュタイン新品ピアノと中古ピアノの違い その3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・ベヒシュタインの新品価格と中古価格  新品の価格はグランド

記事を読む

PAGE TOP ↑