*

何をしている所でしょうか?  その10

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

d96439b5.jpg何をしている所でしょうか?  その10
答 銅線を巻いて、低音弦の巻線を作っています。
ピアノの低音弦は芯になる鋼鉄線の回りに銅線を巻いて作ります。
このように1本1本を銅線の太さによる違いを手で加減しながら、熟練工が巻いて行きます。
銅線の品質や巻き方また、機械の回転速度によっても音が違ってくるので、各メーカーは非常に気を使います。
ピアノの音色は低音側に行けば行くほど単音に部分音(倍音)を多く含むのが特徴です。
楽器全体の響きにも影響する部分ですので、気にいらない音があるとそっくり交換したりもします。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

グロトリアンコンサートロイヤル

輸入ピアノ グロトリアン コンサートロイヤルを弾いてみませんか?

クララシューマンが愛し続けたピアノ それはグロトリアン! グロトリアン コンサートロイヤル

記事を読む

DSC_0352

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由 様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

PAGE TOP ↑