*

響板のサインがアメリカ各地の旅を物語っていた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 スタインウェイピアノ

blog_import_501d3e492b997響板のサインがアメリカ各地の旅を物語っていた。
ホロビッツが亡くなった後もこのピアノはアメリカ各地で演奏会に使用されたのだろうか。
響板の裏一面に多くのサインが見られた。
欧米のピアノ移動は日本のそれより荒っぽい。
ホールの舞台にピアノを立てて引きずったり、脚とペダルを外した状態で滑らせたりと、日本では考えられないほど、強引な時もある。

おすすめ記事

関連記事

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

070822_1808

赤レンガのベヒシュタイン工場 その11

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

45-1-168x300

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろと

記事を読む

PAGE TOP ↑