*

響板のサインがアメリカ各地の旅を物語っていた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 スタインウェイピアノ

blog_import_501d3e492b997響板のサインがアメリカ各地の旅を物語っていた。
ホロビッツが亡くなった後もこのピアノはアメリカ各地で演奏会に使用されたのだろうか。
響板の裏一面に多くのサインが見られた。
欧米のピアノ移動は日本のそれより荒っぽい。
ホールの舞台にピアノを立てて引きずったり、脚とペダルを外した状態で滑らせたりと、日本では考えられないほど、強引な時もある。

おすすめ記事

関連記事

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

ベヒシュタインセンター

ベヒシュタイン センター ピアノが語ってくれたもの-その37

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]  ピアノが語ってくれたもの-その3

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ザウターピアノ ~森のハーモニー~ 輸入ピアノ SAUTER

ザウターグランドピアノ魅力 ザウター社の歴史   初代の

記事を読む

リスト

リスト ピアノが語ってくれたもの-その38

ピアノが語ってくれたもの-その38 「江戸っ子」は3代目? Q.教えてもらうより、自分で発見する

記事を読む

サンタクローチェ

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

PAGE TOP ↑