*

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3da89175cなぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国
チェコはもともと日本と同じく工業立国であり、物作りへの国民意識は非常に高いようです。また、音楽家も多い国ですね。
物作りに対する律儀さはドイツや日本にも共通する部分かもしれません。
その土壌の中で、ペトロフは常に製品を向上させ、顧客へのサービスを提供できるよう歴史と経験を積み重ねてきています。
工場では、生産部門の他に音響研究課、設計課、開発課、専門技術サービス、運搬施設を有しているのも、その一例でしょう。
これらの各部門の総合力を持って小型アップライトからコンサートグランドピアノまで幅広いニーズに応えることが出来るのです。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d64574a53b

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その19 シューマン

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その19 まあ!何ということでしょう!!(しつこい…

記事を読む

blog_import_501d629f549a0

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10 心街の時計塔。ヨーロッパには時計塔や教会な

記事を読む

blog_import_501d64fc3f89a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26 これが「カタツムリ」と呼ばれる音大練習室。

記事を読む

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

blog_import_501d62505246a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8 玄関を入ると早速大きなアンティークアップライ

記事を読む

PAGE TOP ↑