*

2007年1月28日 Vol.1男のコンサートレポート

男のコンサート 2007年 1月28日
~音と背中で~  Vol.1
参加資格は、ただ「ピアノが好きなオトコである
こと」のみ、レベル・経験・年齢など一切不問のコンサートです。
今回は16歳から73歳までの演奏者が集まりました。

荒井 森 ショパン 即興曲 遺作(幻想即興曲 op.66)
酒井 千尋 メリカント ワルツ・レント/夏の夕べの詩曲
チャイコフスキー
『四季』op.37より、4月「雪割草」10月「秋の歌」
有田 克規 ショパン ノクターン第2番 op.9-2
レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ(遺作)
池田 聖 シューマン ノヴェレッテン op.21 より、第7曲
窪田 彰之 自作 処女航海
~  休  憩  ~
牧島 信吾 メリカント ロマンス op.12
石井 敦士 シューマン 幻想小品集 op.12 より、第2曲「飛翔」
野々村 直哉 シュトラウスII ワルツ「ウィーンのボンボン」op.307
筒井 一貴 ショパン 舟歌 op.60
村井 玲至 ショパン ポロネーズ第6番 op.53(英雄ポロネーズ)

おすすめ記事

関連記事

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

森の音楽会

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

ピアノが語ってくれたもの-その40 刃物研ぎ Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

プレイエル

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

PAGE TOP ↑