*

武蔵ホール 調律に行った。

武蔵ホール
調律に行った。
84652223_1543000572520382_8623427949565050880_n
J.ケージのプリペアードの作品もあり、ピアニスト自身でのセッティングと演奏。
86773245_1543004049186701_8372626323612368896_n
思い起こせば38年程前、I.先生と音大3号館のブリュートナーでセッティングしたっけなぁ。
当時ケージの指定ピアノはニューヨークスタンウェイのB-211だったと思う。
ブリュートナーがサイズ的にあっていたので使用。弦設計がかなり違ううえ、インチ表記だったので変換に時間を取られた覚えがある。
ピアノの新しい世界観を発見する出来事だった。

コンサート運営者

メール;代表 安藤良三  

パッサージュメニュー

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継が

記事を読む

ひまわり フランス

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

DSC_0600-2

グロトリアン フリードリッヒ 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 

アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 甘い音

記事を読む

ピサの斜塔

ピサの斜塔 ピアノが語ってくれたもの-その24

ピアノが語ってくれたもの-その24 なんたるのんき? Q.二つ目の価値観は? A. もう一つは

記事を読む

サンド

ジョルジュ・サンド ピアノが語ってくれたもの-その1

ピアノが語ってくれたもの-その1 整調(ピアノアクション調整)の必要性について Q.最初に整調の

記事を読む

PAGE TOP ↑