*

輸入ピアノ 特徴と違い -2 新旧ベヒシュタイン(高音部バックレングス編)

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 グランドピアノ, ブログ, ベヒシュタインピアノ

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ

輸入ピアノ 特徴と違い -2

当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。

輸入ピアノ 特徴と違い -2 新旧ベヒシュタイン(高音部バックレングス編)
1974年製のベヒシュタインの高音部です。KC4F0374
金属的な音を出すようなデュプレックスや真鍮ブリッジはなく、フェルトでミュートされている。

こちらは、ベヒシュタインB160プレミアム現行モデル。
デュプレックスシステムが採用され、フェルトミュート一切が外されている。
KC4F0373

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアンピアノ

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

その後のお付き合い

ピアノ製造番号

ピアノが語ってくれたもの

ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_0005

STEINWAY  製造年 -製造番号

1856 -1000 1934 -278000 1999 -54

記事を読む

ペトロフ

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ペトロフ&ホフマン比較試弾会  ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン 見学 ペトロ

記事を読む

ペトロフ工場

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

ホーム ロマンティックトーン ペトロフ ペトロフ展示ピアノ ペトロフピアノ

記事を読む

DSC_0396-977x550

PETROF  P131M1 

PETROF P131M1 ペトロフのアップライトフラッグシップモデル。 ダイナミックレンジが広

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ ペトロフ?

ホーム    その1 ルーツと使用目的 なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロ

記事を読む

PAGE TOP ↑