*

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

公開日: : 最終更新日:2019/12/16 おすすめ総集編, おすすめ記事, ペトロフ, ペトロフ編 ,

ロマンティックトーン ペトロフ

108

ペトロフピアノがなぜ、短期間にこれだけの進化を遂げたのか?
ピアノ製作のキーポイントとは何か?を探りながらピアノ作りを見ていきましょう。

024ピアノは鉄とフェルトと木で出来ている!!

発音体の弦は鋼鉄!そのテンションを支えるフレームはねずみ鋳鉄です!

ヴォイシングそして、弦をたたくハンマーはフェルト

029

弦の振動を拡大して大きくまろやかな音にする響板やボディは木ですね。

この3つが合わさってピアノが出来ます。その姿を順を追ってみていきましょう。

まずは木の部分を見ていこう。

写真は木材の人工乾燥室
ヨーロッパの気候の中で数年(場合によっては十数年)の間自然乾燥を終えた木材は、この乾燥室で一ヶ月間過ごします。

005
ピアノになるための最終減量なのです。含水率は7%まで下げられます。
この人工乾燥は電磁波でいっきに短期間で行う方法もありますが、ピアノの音色を美しく長期間保ちたいペトロフ工場では室温を50度C以上にはしないで一ヶ月間行います。

ピアノの響板になる部分の板をはぎ合せているところです。
このように長方形の板を10数枚接着することで大きな響板を作り上げるのです。

007

アップライトの響板です。響板に響棒と呼ばれる補強棒が接着されて乾燥されているところですね。

077

グランドピアノも見てみよう。グランドピアノの側板、外リムとも呼ばれます。
ペトロフの場合べーゼンドルファーピアノと同様に板に切れ目を入れて曲げていくタイプもあります。

021

グランドピアノの響板です。

020

内リムと響板が組み合わされたところ。

016
ピアノの心臓部でなんだか「中身!!」って感じがするでしょう。

外リムと内リムが合体したところです。

029

ピアノの木の響きを決定する部分が出来上がりました。

次に鉄の部分を見てみよう。アップライトのフレームと呼ばれる鉄骨部分です。

069

ピンやアグラフを打つ穴をあけられ、金粉で塗装されます。写真はアグラフと呼ばれる弦を通す部分を打ち込んでいる様子です。

写真がアグラフ。

070
真ちゅう製で中高音部は3つの弦を通す穴があいています。低音部は2穴と1穴タイプがあり、アップライト総アグラフタイプはペトロフの特徴でもあります。
ペトロフは音の透明度が高いといわれる理由もここにあるでしょう。

083弦を巻きつけながらチューニングピンを打ち込んでいるところです。
鍵盤数は88本ですが、200本以上のチューニングピンが打ち込まれます。

グランドピアノも見てみよう

グランドピアノのフレーム(鉄骨)は鋳物でできています。

まずは穴あけ作業。

065

にさび止め塗料(サーフェーサー)を吹き付けたところです。

072

乾燥後、サンドペーパーで磨かれ、でこぼこがきれいになります。

073

金粉とクリア塗装が施され、アグラフ、ヒッチピン(奥の弦を引っ掛けてUターンさせるところ)が打ち込まれ、ペトロフのロゴの装飾メダルが付いた所です。

074

弦を張っているところ。

024

ピアノには金属も重要な材料なのですね。

最後にフェルト!フェルトのハンマーで弦をたたいて音を出すのがピアノです。

ヴォイシング

ハンマーはアクションと呼ばれるメカニックの一部分になります。

040

038

グランドピアノアクションの製作過程のチェックリスト。各部署のマイスターのサインがあります。
各マイスターが調整・チェックして、最良のピアノアクションは制作されるのです。

106

マイスターがハンマーヘッドをファイリング(接弦部分表面を軽く研磨)しているところです。

098
ピアノのハンマーは針刺しやファイリングの整音作業によって初めてピアノ本来の発声を持つことになります。
この作業は一音一音確かめながら慎重に行われます。
ピアノは8000以上の部品が集合して作られます。
一つ一つが音のことを考えて組み立てられなければいけません。
そして、フェルトや木を安定させ信頼できるメカニックにするために調整や試弾されます。

059

白鍵の深さをチェック・調整しています。

041

試弾機による弾き込みのスナップです。大きな音が出るので、ピアノの弦の上にミュートを乗せて試弾機にかけます。

このように、組み立て完了の後も、シーズニングされピアノ調律や再調整を繰り返します。

ペトロフ

ペトロフピアノは東京では正規代理店「ピアノ・パッサージュ株式会社」で販売メンテナンスしています。
素敵なピアノを作ってくれたチェコの皆さん。
本当にありがとう!心をこめて蘇る夢のロマンティックトーンを奏で続けていくことでしょう!


ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

サンド

ジョルジュ・サンド ピアノが語ってくれたもの-その1

ピアノが語ってくれたもの-その1 整調(ピアノアクション調整)の必要性について Q.最初に整調の

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

森の音楽会

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

ピアノが語ってくれたもの-その40 刃物研ぎ Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習

記事を読む

DSC_0357-1024x512
サロン予約された方々へのご連絡

DSC_0018
DIAPASONの調律に行きました。

thumbnail_IMG_0666
ベヒシュタイン 12b の納入調律に行きました。

download
ベヒシュタイン L165の納品に行きました。

DSC_0005
C.BECHSTEIN B112の調律に行きました。

DSC_0450
W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

thumbnail_12696437776136
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

DSC_0444
GROTRIAN studio110の納品調律に行きました。

thumbnail_12049063360372
ベヒシュタイン C-232試弾会開催 2020.11.7~ 祝!サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

unnamed
パッサージュブログ一覧

thumbnail_2020-10-31 14-04
レクチャー&コンサート おしゃべり室内楽 vol.35 2020.12.6

thumbnail_IMG_0793
スタインウェイ B-211 1987年製 入荷しました。STEINWAY&SONS 

thumbnail_image0
ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

IMG_5188
輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

thumbnail_IMG_2061
スタインウェイ A-188 クラロウォルナット 特注モデル6本脚 STEINWAY&SONS 

download
新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

DSC_0431
今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

DSC_0441
GROTRIAN 112 の納品に行きました。

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

117338563_1709652192521885_2635588886076572388_o
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

DSC00421-300x200
尾崎プロフィール

→もっと見る

PAGE TOP ↑