*

ザウター160Traditionピアノの価格と特徴 輸入ピアノ SAUTER

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 Pick up, おすすめ記事, ザウター

ホーム   

ザウター■ザウター160Traditionピアノの価格と特徴

・ザウターのルーツは輸入ピアノの中でも特徴がある
ザウターピアノは1819年、ベートーベンと親交のあったヨハン・グリムにより創業された、現存する最古のピアノメーカーです。ヨーロッパのピアノメーカーには大きく分けて二つの流派がありました。イギリス・フランス派と南ドイツ・ウィーン派です。前者はルネサンス・バロック期にチェンバロが流行していた地域の職人により製造されたピアノで、後者はクラヴィコードが流行していた地域の職人により製造されたピアノです。実は現存するメーカーのほとんどがイギリス・フランス派の流れを継承しており、南ドイツ・ウィーン派の流れを継承したメーカーは、現存するメーカーの中でベーゼンドルファーとザウターだけです。

IMG_3182-e1433409801706・ザウター160Traditionピアノの特徴と音色
このモデルはザウターが製造するグランドピアノで最もコンパクトなピアノです。外装はウォルナット艶消しですが、鍵盤蓋の内側は鏡面仕上げになっています。サロンやホールにあるピアノは艶出しの外装がほとんどで、鍵盤蓋に演奏者の手が反射して映り込みます。それと同じ視覚効果を感じながら練習出来るようにするため、全体は艶消しですが鍵盤蓋の内側のみ艶を出しています。響板を可能な限り薄くし、クラウンを大きくすることで、ブリリアントで明るい音色を実現しています。南ドイツ・ウィーン派のルーツであるクラヴィコードはチェンバロのような音量は出ませんが、強弱がはっきり付けられるうえビブラートをかけられるため、繊細なニュアンスの表現を得意としていました。ザウターピアノもその表現力を受け継いでおり、他のピアノにはない独特の響きを形成しています。

gp_tradition・ザウター160Traditionピアノの価格
新品価格で480万円と、国産の上位機種と同じぐらいの価格です。ヤマハSシリーズ、カワイSKシリーズ、ボストンにご興味のある方は、一度ザウターの音色を試しては如何でしょうか。他のメーカーとは明らかに違うブリリアントで上品な音色に驚かれると思います。
この機会に音色の美しさ、ハーモニーの変化と透明感、南ドイツの温かく豊かな低音をお楽しみください。

ザウター160Tradition 高さ:101cm × 幅:152cm × 奥行:160cm 重量:285kg 木地艶消 ¥4,800,000
木地艶出 ¥4,900,000

※お問い合わせは、お問い合わせフォーム
またはお電話(TEL 03-5225-1353)で承ります。

info

展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホーム

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

アクセスはこちら

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事総集編

その後のお付き合い

ピアノメーカー別製造番号一覧

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d59c6666ca

「BECHSTEIN・ナウ」その28 出荷整音と調律 グランドピアノ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   出荷整音

記事を読む

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ナウ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタイ

記事を読む

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

サンタクローチェ

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

PAGE TOP ↑