*

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -3

公開日: : おすすめ記事, ブログ

IMG_0248・デジタルピアノの登場と躍進
 バブル崩壊後、ピアノはステータスシンボルではなくなりました。それまで豊かさの象徴とされていたピアノは、逆に「お荷物」として扱われる風潮まで出てきました。その大きな原因は「音量」と「スペース」の問題です。都市部では人口増加に伴い集合住宅に住む人が増え、大きな音が出てスペースをとるピアノに、価値を感じなくなってきたのです。
 そのピアノの問題を一気に解決したものがデジタルピアノです。デジタルピアノは音量を自在に変えられ、持ち運びにも便利で場所を選びませんし、調律も必要ありません。ピアノに対する価値観の変遷に合わせて台頭してきたのがデジタルピアノです。
 このようにしてデジタルピアノは普及台数という点において、完全にピアノに取って変わりました。合わせてピアノの練習はデジタルピアノで行い、時々ホールやスタジオでグランドピアノを弾くことで満足されていらっしゃる方も多いです。

おすすめ記事

関連記事

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

森の音楽会

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

ピアノが語ってくれたもの-その40 刃物研ぎ Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習

記事を読む

プレイエル

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

DSC_0352

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由 様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費

記事を読む

PAGE TOP ↑