*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

公開日: : 最終更新日:2016/07/17 おすすめ記事, ブログ

スタジオB グロトリアン208・国産ピアノ、ピアノに対する考え方
どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考えると「同一規格」と「不具合を極力ゼロにする」ことが大切になります。そうすることで効率的な生産が出来て、多くのお客様からも満足を頂けるのです。「外装やメカニック上の不具合=不良品である」という考えは、世界一厳しい目を持った消費者とまで言われる日本人にとっては当然の考え方です。国産ピアノが日本の環境で不具合を起こさないのは「日本で作っているから」という理由もありますが、ヨーロッパでも国産ピアノの狂いにくさは高く評価されており、made in Japanの安全神話は楽器の世界でも立証されています。

おすすめ記事

関連記事

KC4F0069-150x150

ペトロフ P159 Bora 新品入荷しました。展示中

ホーム ペトロフ ロマンティックトーン ペトロフ P159 Bora やわらかく甘い音色で

記事を読む

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

ペトロフ工場

工場見学 ペトロフピアノが出来るまで

ホーム ロマンティックトーン ペトロフ ペトロフ展示ピアノ ペトロフピアノ

記事を読む

9-1-300x209

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ロマンティックトーン ペトロフ 見学 ペトロフが出来るまで ペトロフ展示ピアノ

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

PAGE TOP ↑