*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 おすすめ記事, ブログ

MP輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか
輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。ヨーロッパピアノは殆どのパーツが天然素材で出来ていますので、雨の日に体調が優れなくなるのと同じよう、木もフェルトも鉄も調子が狂ってきます。湿気が高ければ木は膨らみ、低ければ縮みます。更にヨーロッパピアノは堅さの違う色々な木材を組み合わせて豊かな響きを出しますので、木の材質ごとにその伸縮具合も変わります。そうすると木が摩擦したり一か所に負荷がかかったりして、外装の塗装が割れる原因になります。木が動くことで調律が狂う原因にもなります。またスティックといって、アクションの動きが悪くなることで鍵盤の反応が悪くなることがあります。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

IMG_3798

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

blog_import_501d3da89175c

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国

なぜ?ペトロフ? その13 チェコのピアノ作り 工業立国 チェコはもともと日本と同じく工業立国であ

記事を読む

DSC_0396-977x550

PETROF  P131M1 

PETROF P131M1 ペトロフのアップライトフラッグシップモデル。 ダイナミックレンジが広

記事を読む

blog_import_501d3d7f7683d

なぜ?ペトロフ? その10 チェコのピアノ作り 輸出

なぜ?ペトロフ? その10 チェコのピアノ作り 輸出 高品質のペトロフブランドは年々、国内外での需

記事を読む

PAGE TOP ↑