*

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

DSC_0352・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由
様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費の高騰」です。ドイツでは労働者の生活保障の為に、毎年賃金を値上げしなければならないと法律で定められています。つまり同じモノをつくるにしても人件費は毎年増え続けるので、価格も上がり続けているのです。そして材料費の高騰は、プラスチックを使わず高級な天然素材で楽器を作るヨーロッパピアノメーカーならではの宿命と言えます。ヨーロッパスプルースやマホガニーといった多くのヨーロッパピアノで使われている木は、伐採の繰り返しにより近年では希少価値が高くなっています。
しかしヨーロッパ製ピアノの価格が高い本当の理由は「作り手の一貫してぶれない信条」ではないでしょうか。コストを下げてもピアノは作れますが理想の音を追求することは出来ません。西洋音楽の歴史を偉大な音楽家と共に作ってきた、という芸術品としてのピアノ作り職人の誇りや魂を、ピアノ一台一台から感じられるのです。

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格 総集編
 
おすすめ記事 総集編

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

1421917823565-4-467x550

ベヒシュタイン ミレニアム 新品 入荷しました。  輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/egU

記事を読む

フェルトハンマー

ハンマー ファイリング ピアノが語ってくれたもの-その36

ピアノが語ってくれたもの-その36 整音とは「発声法」 Q.スタインウェイの整音イメージとは?

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

凱旋門Plycar

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? ・ピアノの価格 平成3年、デジタルピアノの販

記事を読む

PAGE TOP ↑