*

ベヒシュタイン クラシック118の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 
ピアノパッサージュ株式会社ベヒシュタイン クラシック118の納入調律に行った。

もうずいぶんピアノからは離れていたそうですが、
ベヒシュタインに出会って、忘れていた感覚が少しづつ蘇り、
今はとても楽しく弾いてらっしゃるそうです。

おすすめ記事

関連記事

フレーム仕上げ

フレーム仕上げ ピアノが語ってくれたもの-その33

ピアノが語ってくれたもの-その33 洋の東西 A. 使用言語を聴いて感じて、そのリズムを持つこと

記事を読む

thumbnail_IMG_2073

GROTRIAN STEINWEG 200 1925年製 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

GROTRIAN シュタインベックの正統なる後継者(STEINWEG Nacht) ブラウンシュ

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

ベヒシュタイン アップライト

ベヒシュタイン アップライト組み立て ピアノが語ってくれたもの-その21

ピアノが語ってくれたもの-その21 ハンマーの選択だけでも分かっちゃう Q.ハンマーの話しにもど

記事を読む

PAGE TOP ↑