*

こんな時代もあ~ったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 グランドピアノ, ピアノ修理, ピアノ史, ブログ, 神田川右岸のピアノ工房

ピアノパッサージュ株式会社こんな時代もあったねと~!(神田川右岸のピアノ工房鍵盤編)

この100年前のピアノ、キー初動の重さなんと100g強・・・。

現在の主流は50~55gを考えると倍のおも~いタッチ!とても弾く気にならない。

通常グランドピアノの調整鉛はバランスピンより前に入っているものなのだが・・・。

ここまで多く奥に入っているのは珍しい。初めて見た。全部取り外して、埋木をしなければ・・・の図。

これが噂に聞くダイリーグボール養成ギブスならぬスポ根ピアノなのだ。古文書の通りヨーロッパにもあったんだねぇ~。

日本でも50年くらい前に75gくらいまで重いタッチが流行した事があったようだけどねぇ・・・。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

プレイエルピアノコンサート

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

プレイエル

プレイエル in France ピアノが語ってくれたもの-その29

ピアノが語ってくれたもの-その29 日本語ユニゾン? Q.何が違ったのでしょうか?やはり、音の聴

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

PAGE TOP ↑