*

1920年ころのグロトリアン

1920年ころのグロトリアン

グロトリアンのタッチ調整の図

ハンマーとシャンクを交換したわけだが、どうも次高音あたりから、タッチが極端に変化する。

音色も部分音の出方が、均一ではない。

てな訳で、各音のハンマー重量を測定しながら成形と相成りました。

この時代のピアノ、君津市の松本ピアノが作成していたグランドピアノに良く似ている。

グロトリアンの特徴であるシンギングトーンが再現できるか。

楽しみである。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784-225x300

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年 なんと!2

記事を読む

2017-11-13 08-53-54 (2)

スタインウェイ A-188 Texaco Oil特注モデル6本脚 メトロポリタン博物館展示STEINWAY&SONS 入荷しました

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ A-188 Texaco

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

KC4F0127

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの特徴と違い  –1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   ベヒシュ

記事を読む

プレイエルのアクション

プレイエルのアクション アクションはダブルエスケープメントのシュワインダー式だった。 ハンマーシ

記事を読む

FAZIOLIピアノ研修会

FAZIOLIピアノ研修会 国立音大の調律科卒業生の技術研究会通称K.G.Kの研究会がFAZIOL

記事を読む

急に涼しくなって太陽の光がうれしいの

急に涼しくなって太陽の光がうれしいの 寝てるのか?まぶしいのか?どっちなんだよぉ?

記事を読む

おれたち猫背ブラザーズ!!にゃんにゃん日記その141

おれたち猫背ブラザーズ!!

記事を読む

PAGE TOP ↑