*

ペトロフ P-125F1 チェリー   輸入ピアノ PETROF

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 未分類

輸入ピアノに興味をもたれたきっかけは? 

父の仕事の関係でヨーロッパのおみやげをもらっていて、興味を持ち始めました。

ピアノパッサージュに興味をもたれたきっかけは?

ペトロフに興味があったことが第一です。
ペトロフというピアノに出会ってみたかった。
その時はパソコンが無かったので、携帯で調べました。
携帯だと見ることも限られていて…。
何社も見ましたが、パッサージュが一番音楽に真摯な感じがしました。

購入までに悩んだことは? 

大きさ。暖房の心配等。
家に入るかなぁー?と心配でした。
ここがクリアーになったら早かったです。
コンパクトでいい音です。

とくに気に入っているところは?

色・形・姿。
パッサージュで音を比べられたし、聴かせてもらったのも良かった。
発表会前に届けてもらって2週間後、発表会でした。
音がよくなったと誉められました。

—————
本日は遠いところを我が家のPETROFの為にご足労頂き誠にありがとうございました。
しかも、あの様に長い時間を掛けてくださって…。
とは申しましたけれど実はいまだにこのPETROFはPassageさんよりお借りしているような、ただ我が家に間借りしているような気がしてなりませんでした。
何と言いますか存在が大きすぎるといいますか…。
でも、兎に角家族一同このチェリーの凛とした佇まいのPETROFが大好きなのです。
我が家の格を上げてくれていますから。

そして、今回の尾形さんによる誠心誠意を尽くされたプロの技術の調律を施され当初おっしゃられていましたように、本当に驚きの変身を遂げました。
その見事に生まれ変わったPETROFの美音を思う存分楽しませていただきました。
本当になんて素敵なお仕事なのでしょうね…。
改めてとても大事な宝物を手に入れることの出来た実感に今、浸っております。

尾形さん始めPassageの皆さまのお蔭に他なりません。
心よりお礼申し上げます。
今後ともお付き合いのほどを何卒宜しくお願い申し上げます。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353 (11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合は翌日)

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホーム

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

アクセスはこちら

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事総集編

その後のお付き合い

ピアノメーカー別製造番号一覧

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ペトロフ

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ペトロフ&ホフマン比較試弾会  ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン 見学 ペトロ

記事を読む

blog_import_501d3d33aab5c

なぜ?ペトロフ? その2 材質と構造

ピアノは多くの木材が響くように工夫してあります。ペトロフはベーゼンドルファーと同じように、使用木材を

記事を読む

KC4F0069-150x150

ペトロフ P159 Bora 新品入荷しました。展示中

ペトロフ P159 Bora やわらかく甘い音色で、弾くのも聴くのも心地良い一台です。 コンパク

記事を読む

blog_import_501d3d61a2c87

なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ

なぜ?ペトロフ? その7 チェコのピアノ作り 宮廷御用達ピアノ 1881年、アントニン・ペトロフは

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

PAGE TOP ↑