*

いや~降りましたなぁ~

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 TOKYO, ブログ, 暦の節目,

いや~降りましたなぁ~

今にして思えば、凍結防止剤散布の為首都高通行止めを受け浦和インターで降りたのは正解だったのかもしれない。

さて、この先お江戸はちょこっとした坂が意外と多い。

が極端に少なくなるのよ。路面の・・・

ちゃんがほとんど存在しない雪道はとちょっとした坂も登ってくれない。

FRのフロントヘビー車君は雪道にはからっきし意気地がない。おまけに後輪タイヤはそろそろ交換しようと思っていた夏用タイヤ2分山なのだ。

しかし、前に乗っていたW201やW124に比べたら、今のはASDが付いているだけでもありがたいと思わなければ・・・。W201で岩手出張の折、吹雪いたときは生きた心地がしなかったもんなぁ~。

急きょ頭の中で会社までのどのルートが高低差が少ないか検討。

おそらく立ち往生する車両も出てくるだろうから狭い道はバツ、なるべく広い道を選択だ。

王子駅経由明治通り内回りに決定する。

この先を右折してガードをくぐったら最大の難関、都電荒川線と共に左カーブの上り坂があるのだ。飛鳥山公園を左に拝めるだろうか・・・。ドキドキ!

案の定バスも含めて5~6台はストップしていた。

最大の危機は明治通りと山手線の交差点にあったのだが・・・。この先はお会いできた時にでも直接お話ししますね。

さてさて、なんとか無事に会社には着きました。いや~雪国の人には笑われちゃうだろうけど、緊張と興奮で眠れそうにない・・・。

注:僕の名前はミューです。

おすすめ記事

関連記事

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

PAGE TOP ↑