*

ベーゼンドルファーのサイモン・オスさんが来てくれた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ベーゼンドルファーピアノ

92f4e6c8.jpgベーゼンドルファーのサイモン・オスさんが来てくれた。
オスさんはマーケティングデレクターだそうでウィーンの工場では偉い人らしい。
東中野のショールームは今度増床してサロンもオープンするらしく現在改装中だそうだ。
ウィーンベーゼンドルファー本社は意欲的に新モデル小型グランド155とアップライト125を製作開始したらしく日本にとっては朗報だ。
いい楽器を作り続けてほしいものだ。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン 12Nの納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12Nの納入調律に行きました。 このピアノにして良かったです。 ナイトーンで夜も

記事を読む

ベヒシュタイン A3

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの違い  輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインMillenium116

記事を読む

リスト

リスト ピアノが語ってくれたもの-その38

ピアノが語ってくれたもの-その38 「江戸っ子」は3代目? Q.教えてもらうより、自分で発見する

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 その1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

PAGE TOP ↑