*

グロトリアンは本当に豊かな工場だ。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 グロトリアンピアノ

8b3fa980.jpgグロトリアンは本当に豊かな工場だ。
豊かな王国の歴史都市に恵まれ、音のことを考えつくされた最新の設備に恵まれている。
また、なんといっても心豊かな人々に恵まれているのを感じる。
さてさて、その育まれた伝統のお勉強。
ロマネスク様式からゴシック様式 ルネッサンス様式からバロック様式へと建築は変化していく。
音楽の世界の変化は絵画や建築の変化より少々タイムラグがあり、最後に音楽の作曲様式の変化がある・・・。フムフム・・・。
大バッハはアイゼナハ・ワイマール・ケーテン・ライプツィッヒと居を移転し・・・。
ドレスデンから30kmくらいのフラウエンシュタイン城跡のジルバーマン博物館に面白いものを発見したとか・・・。
プシュー!あ!いかん!頭がオーバーヒート・・・。
技術研修に移ろう。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d63b16da15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13 まあ!何ということでしょう!!(テレビのリ

記事を読む

blog_import_501d605544233

グロトリアンの整音は…。

グロトリアンの整音は…。 ザンバルト・メソッドに基づき作業されるそうだ。 これはフライブルク在住

記事を読む

blog_import_501d6444c17c5

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18 クララ

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18 お!出てきた出てきた!! このピアノがな

記事を読む

blog_import_501d61df6c324

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その2

なぜ?グロトリアンなのか? これを話すと長~いことになるので・・・。ここでの紹介はちょっとだけにし

記事を読む

blog_import_501d642ad539f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出

記事を読む

PAGE TOP ↑