*

グロトリアンから技術者が来てくれた!

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 グロトリアンピアノ

2f683889.jpgグロトリアンから技術者が来てくれた!
ハノーファー王国の名門、ブラウンシュバイク市から久々の帰国。
グロトリアン工場では出荷整音の要として日本人が活躍している。
その、中島さんが来てくれたので…。
早速、ずうずうしいお願いをして技術研修・勉強会と相成りました。
シンメルピアノ工場のことやフォルクス・ワーゲンの本社があるヴォルフスブルグ市についてもお話くださいました。
グロトリアン工場は朝6:30~7:30のフレックスタイムで始業し14:30~15:30には終了するそうだ。
当初のころは中島さんは整音の仕事に夢中になって退社時間を忘れ工場内に閉じ込められたこともしばしばだったらしい。
広い誰もいない工場内から守衛質に電話をして脱出することになるらしい。
突然タイマーの湿度調節用霧吹きが作動して、肝をつぶしたこともあったとか…。
ドイツらしいね。

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

45-1-168x300

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろと

記事を読む

IMG_3808

GROTRIAN Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

https://youtu.be/TanybuYMaRQ グロトリアン Studio クローム

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

PAGE TOP ↑