*

「神田川右岸のピアノ工房」では…。

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 神田川右岸のピアノ工房

b7860004.jpg「神田川右岸のピアノ工房」では…。
例のごとく粛々と修理が続いているのだ。
現在、検査入院中のピアノは由緒正しきお宅のベヒシュタイン8モデル。
1920年代の製作のものだ。
アクションも現在とは違う部分もあり、レペティションをより良くするためのジャック周りの工夫がすさまじい。
とにかく芸が細かいのだ。
んで、驚いたことに一度オーバーホールが行われたようで、何と!杵淵さんのサインがあった。
ed9e11e5.jpg
1939年戦前のサインになる。
この年代だと杵さんの親父さんのほうだね。
「神田川右岸のピアノ工房」
「ピアノ技術関連」
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

プレイエル コンサートグランド

プレイエル コンサートグランドピアノ ピアノが語ってくれたもの-その22

ピアノが語ってくれたもの-その22 フェルトの今日 Q.フェルトの質と言いますか。弾力や絡み具合

記事を読む

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

PAGE TOP ↑