*

クラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 ピアノ技術関連

751d2b39.jpgクラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。
オリジナルはイタリアの修道士が西暦1600年頃に作った楽器だそうで…。
天下分け目の「関ヶ原の戦い」のころだねぇ。
イタリアでは鍵盤楽器がすでに作られていたんだねぇ。
チューニングは「ミーントーン」。日本語では「中間全音律」。
長3度の多くが純正になる調律法だ。
ピッチは415Hzだそうです。
数か所「ゲブンデン」を含むそうで、その説明の図。
我々ピアノ技術者もルーツをたどることで調律法や楽器の材料選択の温故知新を感じることが出来る。
とても大切なことなのですね。
高橋さん、ありがとうございました。 にほんブログ村

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12n

記事を読む

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

凱旋門Plycar

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? ・ピアノの価格 平成3年、デジタルピアノの販

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

プレイエル コンサートグランド

プレイエル コンサートグランドピアノ ピアノが語ってくれたもの-その22

ピアノが語ってくれたもの-その22 フェルトの今日 Q.フェルトの質と言いますか。弾力や絡み具合

記事を読む

thumbnail_IMG_0666
ベヒシュタイン 12b の納入調律に行きました。

download
ベヒシュタイン L165の納品に行きました。

DSC_0005
C.BECHSTEIN B112の調律に行きました。

DSC_0450
W.STEINWERG 114 ドイツ製 綺麗な象嵌モデル 入荷しました。

thumbnail_12696437776136
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

DSC_0444
GROTRIAN studio110の納品調律に行きました。

thumbnail_12049063360372
ベヒシュタイン C-232試弾会開催 2020.11.7~ 祝!サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

unnamed
パッサージュブログ一覧

thumbnail_2020-10-31 14-04
レクチャー&コンサート おしゃべり室内楽 vol.35 2020.12.6

thumbnail_IMG_0793
スタインウェイ B-211 1987年製 入荷しました。STEINWAY&SONS 

thumbnail_image0
ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

IMG_5188
輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

thumbnail_IMG_2061
スタインウェイ A-188 クラロウォルナット 特注モデル6本脚 STEINWAY&SONS 

download
新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

DSC_0357-1024x512
サロン予約された方々へのご連絡

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

DSC_0431
今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

DSC_0441
GROTRIAN 112 の納品に行きました。

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

117338563_1709652192521885_2635588886076572388_o
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

DSC00421-300x200
尾崎プロフィール

ケルン大聖堂正面
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その18 これまでのまとめ

→もっと見る

PAGE TOP ↑