*

クラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

751d2b39.jpgクラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。
オリジナルはイタリアの修道士が西暦1600年頃に作った楽器だそうで…。
天下分け目の「関ヶ原の戦い」のころだねぇ。
イタリアでは鍵盤楽器がすでに作られていたんだねぇ。
チューニングは「ミーントーン」。日本語では「中間全音律」。
長3度の多くが純正になる調律法だ。
ピッチは415Hzだそうです。
数か所「ゲブンデン」を含むそうで、その説明の図。
我々ピアノ技術者もルーツをたどることで調律法や楽器の材料選択の温故知新を感じることが出来る。
とても大切なことなのですね。
高橋さん、ありがとうございました。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

CB118クラシック

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Classic118 新品入荷しました。 輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン Classic118

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

プレイエル コンサートグランド

プレイエル コンサートグランドピアノ ピアノが語ってくれたもの-その22

ピアノが語ってくれたもの-その22 フェルトの今日 Q.フェルトの質と言いますか。弾力や絡み具合

記事を読む

フレーム 錆落とし

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

ピアノが語ってくれたもの-その12 歴史が語るピアノキャラクター Q.ルーツを訪ねて、今を知るっ

記事を読む

PAGE TOP ↑