*

クラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

751d2b39.jpgクラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。
オリジナルはイタリアの修道士が西暦1600年頃に作った楽器だそうで…。
天下分け目の「関ヶ原の戦い」のころだねぇ。
イタリアでは鍵盤楽器がすでに作られていたんだねぇ。
チューニングは「ミーントーン」。日本語では「中間全音律」。
長3度の多くが純正になる調律法だ。
ピッチは415Hzだそうです。
数か所「ゲブンデン」を含むそうで、その説明の図。
我々ピアノ技術者もルーツをたどることで調律法や楽器の材料選択の温故知新を感じることが出来る。
とても大切なことなのですね。
高橋さん、ありがとうございました。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

PAGE TOP ↑