*

クラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

751d2b39.jpgクラヴィコード製作者 高橋さんが来てくれた。
オリジナルはイタリアの修道士が西暦1600年頃に作った楽器だそうで…。
天下分け目の「関ヶ原の戦い」のころだねぇ。
イタリアでは鍵盤楽器がすでに作られていたんだねぇ。
チューニングは「ミーントーン」。日本語では「中間全音律」。
長3度の多くが純正になる調律法だ。
ピッチは415Hzだそうです。
数か所「ゲブンデン」を含むそうで、その説明の図。
我々ピアノ技術者もルーツをたどることで調律法や楽器の材料選択の温故知新を感じることが出来る。
とても大切なことなのですね。
高橋さん、ありがとうございました。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d62505246a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その8 玄関を入ると早速大きなアンティークアップライ

記事を読む

blog_import_501d603bdba9c

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!?

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!? 成田からフランクフルトにはどうやら飛ぶらしい

記事を読む

blog_import_501d63f260c62

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その 11

ゼーゼンに行った! キッチンピアノが作られた建物はもうない。 現在の町の中心から少し離れたところ

記事を読む

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

ハノーファー音楽大学[/caption] 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その

記事を読む

blog_import_501d63df9b524

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15 1859年には、工場をブラウンシュバイクの

記事を読む

PAGE TOP ↑