*

ベヒシュタインの選定に行きました。

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 ベヒシュタインピアノ

blog_import_501d66a285536ベヒシュタインの選定に行きました。
7月にご来店くださいました。
マホガニーポリッシュが本国にも無かったため、色指定のご注文いただきました。
ヴァケーション明けのマイスターに塗装をしてもらい、空輸で飛んできたベヒシュタイン。
お待たせしました!
。もう直ぐお家にやってきますね!。 おめでとうございます。!!

おすすめ記事

関連記事

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

フレデリック・ショパン

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

ひまわり フランス

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

PAGE TOP ↑